Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • モーリッツ(Landgraf Moritz von Hessen-Kassel, 1572年5月25日 - 1632年3月15日)は、ヘッセン=カッセル方伯(在位:1592年 - 1627年)。ヴィルヘルム4世とヴュルテンベルク公クリストフの娘ザビーネの子。学者伯(der Gelehrte)と呼ばれた。1604年に叔父のヘッセン=マールブルク方伯ルートヴィヒ4世が子の無いまま死去、遺言でヘッセン=カッセルとヘッセン=ダルムシュタットに分割相続すること、教義をルター派から改宗しないことと取り決めた。しかし、モーリッツはヘッセン=マールブルク方伯領を全て併合、教義もルター派からカルヴァン派に改宗したため、従弟のヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ5世と対立、1627年に退位、息子のヴィルヘルム5世に伯位を譲り、1632年にエシュヴェーゲで亡くなった。音楽の後援者であり、ハインリヒ・シュッツとジョン・ダウランドの援助を行っていた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2184400 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1965 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 39 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55806136 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • モーリッツ(Landgraf Moritz von Hessen-Kassel, 1572年5月25日 - 1632年3月15日)は、ヘッセン=カッセル方伯(在位:1592年 - 1627年)。ヴィルヘルム4世とヴュルテンベルク公クリストフの娘ザビーネの子。学者伯(der Gelehrte)と呼ばれた。1604年に叔父のヘッセン=マールブルク方伯ルートヴィヒ4世が子の無いまま死去、遺言でヘッセン=カッセルとヘッセン=ダルムシュタットに分割相続すること、教義をルター派から改宗しないことと取り決めた。しかし、モーリッツはヘッセン=マールブルク方伯領を全て併合、教義もルター派からカルヴァン派に改宗したため、従弟のヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ5世と対立、1627年に退位、息子のヴィルヘルム5世に伯位を譲り、1632年にエシュヴェーゲで亡くなった。音楽の後援者であり、ハインリヒ・シュッツとジョン・ダウランドの援助を行っていた。
rdfs:label
  • モーリッツ (ヘッセン=カッセル方伯)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of