Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • モーリス・ブロンデル(Maurice Blondel, 1861年11月2日 - 1949年6月4日)は、フランスの哲学者。キリスト教哲学のコンテクストのもとで、古典的なネオプラトニズムの思想と現代的なプラグマティズムの思想とを統合し、一種の行為の哲学を展開した。ブロンデルによれば、有限性を超えるものにあこがれる人間の思慕は、単なる行為によっては満足させることができない。それを満足させられるのは神だけであり、それゆえブロンデルは神を「最初の原理にして最後の名辞」と呼ぶ。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1147884 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3328 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47262099 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • モーリス・ブロンデル(Maurice Blondel, 1861年11月2日 - 1949年6月4日)は、フランスの哲学者。キリスト教哲学のコンテクストのもとで、古典的なネオプラトニズムの思想と現代的なプラグマティズムの思想とを統合し、一種の行為の哲学を展開した。ブロンデルによれば、有限性を超えるものにあこがれる人間の思慕は、単なる行為によっては満足させることができない。それを満足させられるのは神だけであり、それゆえブロンデルは神を「最初の原理にして最後の名辞」と呼ぶ。
rdfs:label
  • モーリス・ブロンデル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:influenced of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:influenced of
is foaf:primaryTopic of