Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • モーリス・ジャンドロン(Maurice Gendron, 1920年12月26日-1990年8月20日)は、フランスのチェリスト・指揮者。ニースに生まれ、ニース音楽院で学んだ後、パリ音楽院でジェラール・エッキャンに師事し、パブロ・カザルスの薫陶も受けた。1940年代半ばから、ロジェ・デゾルミエール,ヘルマン・シェルヘン,ヴィレム・メンゲルベルクらから指揮法を教わっている。第二次世界大戦中は演奏家としてのデビューは妨げられたが、1947年にセルゲイ・プロコフィエフのチェロ協奏曲のヨーロッパ初演を行い、名声を高めた。ジャンドロンは、熱心な教育家としても知られ、1954年からザールブリュッケン音楽大学のチェロ科教授となり、1970年からはパリ音楽院のチェロ科主任教授に就任している。1960年にチェリストとして来日した後、1972年に指揮者として来日し、東京都交響楽団を指揮。その後も1980年代には草津夏季国際音楽アカデミー&フェスティヴァルの講師としてたびたび来日し、チェロや室内楽、オーケストラの指揮や指導に携わった。パリ近郊にて没。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1605232 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 980 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 23 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59244204 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • モーリス・ジャンドロン(Maurice Gendron, 1920年12月26日-1990年8月20日)は、フランスのチェリスト・指揮者。ニースに生まれ、ニース音楽院で学んだ後、パリ音楽院でジェラール・エッキャンに師事し、パブロ・カザルスの薫陶も受けた。1940年代半ばから、ロジェ・デゾルミエール,ヘルマン・シェルヘン,ヴィレム・メンゲルベルクらから指揮法を教わっている。第二次世界大戦中は演奏家としてのデビューは妨げられたが、1947年にセルゲイ・プロコフィエフのチェロ協奏曲のヨーロッパ初演を行い、名声を高めた。ジャンドロンは、熱心な教育家としても知られ、1954年からザールブリュッケン音楽大学のチェロ科教授となり、1970年からはパリ音楽院のチェロ科主任教授に就任している。1960年にチェリストとして来日した後、1972年に指揮者として来日し、東京都交響楽団を指揮。その後も1980年代には草津夏季国際音楽アカデミー&フェスティヴァルの講師としてたびたび来日し、チェロや室内楽、オーケストラの指揮や指導に携わった。パリ近郊にて没。
rdfs:label
  • モーリス・ジャンドロン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of