Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • モーペルテュイ (3281 Maupertuis) は、小惑星帯にある小惑星である。フィンランドの天文学者ユルィヨ・バイサラがトゥルクで発見した。『最小作用の原理』の最初の提唱者であり、地球形状の決定のためのトルネ谷における子午線弧長測量遠征隊の主導者として知られるフランスの数学者、天文学者ピエール・ルイ・モーペルテュイにちなみ命名された。
dbpedia-owl:colour
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 847157 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1023 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 25 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47728869 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:仮符号・別名
  • 1938 (xsd:integer)
prop-ja:元期
  • --05-14
prop-ja:公転周期
  • 3.600000 (xsd:double)
prop-ja:分類
prop-ja:和名
  • モーペルテュイ
prop-ja:平均近点角
  • 116.710000 (xsd:double)
prop-ja:昇交点黄経
  • 348.640000 (xsd:double)
prop-ja:発見日
  • --02-24
prop-ja:発見者
prop-ja:絶対等級
  • 12.700000 (xsd:double)
prop-ja:
  • 小惑星
prop-ja:英名
  • 3281 (xsd:integer)
prop-ja:軌道の種類
prop-ja:軌道傾斜角
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:軌道長半径
  • 2.349
prop-ja:近日点引数
  • 239.740000 (xsd:double)
prop-ja:近日点距離
  • 2.117
prop-ja:遠日点距離
  • 2.581
prop-ja:離心率
  • 0.099000 (xsd:double)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • モーペルテュイ (3281 Maupertuis) は、小惑星帯にある小惑星である。フィンランドの天文学者ユルィヨ・バイサラがトゥルクで発見した。『最小作用の原理』の最初の提唱者であり、地球形状の決定のためのトルネ谷における子午線弧長測量遠征隊の主導者として知られるフランスの数学者、天文学者ピエール・ルイ・モーペルテュイにちなみ命名された。
rdfs:label
  • モーペルテュイ (小惑星)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of