Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • サー・モーゼス・フィンリー(Sir Moses I. Finley、1912年5月20日 - 1986年6月23日)は、アメリカ合衆国出身の歴史学者。専門は、古代ギリシア史。ニューヨーク市生まれ。シラキュース大学およびコロンビア大学で公法および古代史を専攻する。コロンビア大学、ニューヨーク市立大学、ラトガース大学で教鞭をとる。1951年、カール・ウィットフォーゲルにより共産主義者との告発を受け、1952年3月、下院非米活動委員会に召喚されるが、合衆国憲法修正第5条を理由に共産主義との関係についての証言を拒否した。その後、ラトガース大学が設置した調査委員会の決議に基づいて、解雇される。渡英し、1955年にケンブリッジ大学の古典学研究科講師となり、1957年に同大学ジーザス・カレッジの特待校友に選出される。1962年にイギリス国籍を取得、1966年に同カレッジの古代社会史および経済史の上級講師となり、1970年から1980年にかけて古代史教授。1976年から1982年まで同大学ダーウィン・カレッジの学寮長を務めた。1971年、イギリス学士院に選出される。1979年、授爵。『オデュッセウスの世界』では、ミルマン・パリーの口承文芸研究や、マルセル・モースの社会人類学の研究を援用しつつ『イリアス』と『オデュッセイア』を論じて話題となり、ホメロス研究の進展に貢献した。The Ancient economy では古代経済をテーマとし、非市場経済には近代経済学とは異なる視点で分析をすることの重要性を指摘。『民主主義』では、古代ギリシアと現代の民主主義を比較して論じている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2951306 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3504 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 47 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58423918 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • サー・モーゼス・フィンリー(Sir Moses I.
rdfs:label
  • モーゼス・フィンリー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of