Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • モンロー砦(モンローとりで、英:Fort Monroe、またはモンロー要塞、英:Fortress Monroe)は、バージニア半島の先端、バージニア州ハンプトンのオールドポイント・コンフォートに位置する軍事施設である。ウール砦と改名されたカルフーン砦と共に、チェサピーク湾とハンプトン・ローズの港湾への入口の間の水路を通る外洋航行可能な艦船の接近を見張っている。ハンプトン・ローズはエリザベス川、ナンスモンド川およびバージニア州では最長のジェームズ川が合流することで形成されている。バージニア植民地の最初期にクリストファー・ニューポート船長が率いた最初の探検任務のとき、この場所は戦略的に防御に適した場所と認められた。1607年5月、チェサピーク湾からジェームズ川を遡ること約25マイル (40 km) の内地、ジェームズタウンにイギリス人が現在のアメリカ合衆国では最初の恒久的開拓地を造った。モンロー砦がある陸地は1619年にエリザベスシティ、1634年にエリザベスリバー郡、1643年には設立されたエリザベスシティ郡の一部となった。300年以上後の1952年、エリザベスシティ郡とモンロー砦の近傍、近くのフエボスが小さなハンプトンの独立市と合併することに合意し、ハンプトン・ローズの7大都市の一つとなった。1609年からバージニアの初めの2世紀、オールドポイント・コンフォートで要塞化が進められてきた。しかし、モンロー砦と呼ばれることになるかなり実体のある石造りの施設は(水路向かいにある人工島のウール砦と共に)1834年に完成された。その主要施設はアメリカ合衆国大統領ジェームズ・モンローに因んで名付けられた。南北戦争(1861年-1865年)を通じて、バージニア州の大半は南軍に支配されていたが、モンロー砦だけは北軍の手にあった。コントラバンド政策および後に奴隷解放宣言で元奴隷が解放される歴史的かつ象徴的な場所として著名になった。それから数年間、元アメリカ連合国大統領ジェファーソン・デイヴィスが基地内の現在砲郭博物館となっている地域で収監された。6面形の石造り砦は堀で完全に囲まれており、現在でもアメリカ合衆国の陸軍の基地として活動しているこの種の砦としては唯一のものとなっている。モンロー砦は2011年9月までに閉鎖されることに選ばれた幾つかの基地の一つである。モンロー砦の機能の多くは近くのユースティス砦に移されることになっている。ユースティス砦はモンロー砦の初代指揮官で著名な砲兵の専門家、エイブラハム・ユースティス将軍に因んで名付けられた。役目を終えた後のモンロー砦の利用法については、ハンプトンの地域社会で幾つかの案が計画されているところである。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1764904 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12148 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 137 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48706129 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:added
  • --10-15
prop-ja:built
  • 1819 (xsd:integer)
prop-ja:caption
  • モンロー砦の空撮写真(2004年)
prop-ja:designatedNrhpType
  • --12-19
prop-ja:governingBody
prop-ja:latDegrees
  • 37 (xsd:integer)
prop-ja:latDirection
  • N
prop-ja:latMinutes
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:latSeconds
  • 13 (xsd:integer)
prop-ja:location
prop-ja:locmapin
  • USA Virginia
prop-ja:longDegrees
  • 76 (xsd:integer)
prop-ja:longDirection
  • W
prop-ja:longMinutes
  • 18 (xsd:integer)
prop-ja:longSeconds
  • 27 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • モンロー砦
prop-ja:nrhpType
  • nhl
prop-ja:refnum
  • 66000912 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • モンロー砦(モンローとりで、英:Fort Monroe、またはモンロー要塞、英:Fortress Monroe)は、バージニア半島の先端、バージニア州ハンプトンのオールドポイント・コンフォートに位置する軍事施設である。ウール砦と改名されたカルフーン砦と共に、チェサピーク湾とハンプトン・ローズの港湾への入口の間の水路を通る外洋航行可能な艦船の接近を見張っている。ハンプトン・ローズはエリザベス川、ナンスモンド川およびバージニア州では最長のジェームズ川が合流することで形成されている。バージニア植民地の最初期にクリストファー・ニューポート船長が率いた最初の探検任務のとき、この場所は戦略的に防御に適した場所と認められた。1607年5月、チェサピーク湾からジェームズ川を遡ること約25マイル (40 km) の内地、ジェームズタウンにイギリス人が現在のアメリカ合衆国では最初の恒久的開拓地を造った。モンロー砦がある陸地は1619年にエリザベスシティ、1634年にエリザベスリバー郡、1643年には設立されたエリザベスシティ郡の一部となった。300年以上後の1952年、エリザベスシティ郡とモンロー砦の近傍、近くのフエボスが小さなハンプトンの独立市と合併することに合意し、ハンプトン・ローズの7大都市の一つとなった。1609年からバージニアの初めの2世紀、オールドポイント・コンフォートで要塞化が進められてきた。しかし、モンロー砦と呼ばれることになるかなり実体のある石造りの施設は(水路向かいにある人工島のウール砦と共に)1834年に完成された。その主要施設はアメリカ合衆国大統領ジェームズ・モンローに因んで名付けられた。南北戦争(1861年-1865年)を通じて、バージニア州の大半は南軍に支配されていたが、モンロー砦だけは北軍の手にあった。コントラバンド政策および後に奴隷解放宣言で元奴隷が解放される歴史的かつ象徴的な場所として著名になった。それから数年間、元アメリカ連合国大統領ジェファーソン・デイヴィスが基地内の現在砲郭博物館となっている地域で収監された。6面形の石造り砦は堀で完全に囲まれており、現在でもアメリカ合衆国の陸軍の基地として活動しているこの種の砦としては唯一のものとなっている。モンロー砦は2011年9月までに閉鎖されることに選ばれた幾つかの基地の一つである。モンロー砦の機能の多くは近くのユースティス砦に移されることになっている。ユースティス砦はモンロー砦の初代指揮官で著名な砲兵の専門家、エイブラハム・ユースティス将軍に因んで名付けられた。役目を終えた後のモンロー砦の利用法については、ハンプトンの地域社会で幾つかの案が計画されているところである。
rdfs:label
  • モンロー砦
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of