Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • モンモランシー郡(英: Montmorency County)は、アメリカ合衆国ミシガン州ロウアー半島の北部に位置する郡である。2010年国勢調査での人口は9,765人であり、2000年の10,315人から5.3%減少した。郡庁所在地は国勢調査指定地域のアトランタ(人口827人)であり、同郡で人口最大の町は同じく国勢調査指定地域のルイストン(人口1,392人)である。1840年に郡名を「チェノケット」とされた。これは「大きな雲」を意味するチッペワ族(オジブワ族とも)の酋長の名前だった。チェノケットは1807年、1815年、1825年、1837年の条約調印に参加した。1843年、「カウント・モレンシ」(Count Morenci)と改名された。モレンシ伯爵はイギリスとの戦争で植民地を助けた。モンモランシー郡は1881年に組織化された。郡名の綴りが変わっていることについては議論が続けられている。モンモランシーという名前はムーア山を意味している可能性がある。モンモランシーは沼地の土地あるいは荒地であり、広い山あるいは高原の上にある。1881年に組織化された時、シボイガン郡とアルピーナ郡から幾らかの領域が編入された。3つの郡区に分割された。すなわちブライリー、モンモランシー、ラストの各郡区である。1901年までにアルバート、ヒルマン、ビエナの郡区が追加された。ブラッシュクリーク、現在のヒルマンが最初の郡庁所在地だった。1891年、郡庁所在地は現在のアトランタに移された。モンモランシー郡にはハンガーフォードのクローリング・ウォーター・ビートルというミシガン州では絶滅が危惧され、世界でも絶滅危惧種となっている水生甲虫が生息している。世界でも5か所のみに生息し、そのうち2か所がモンモランシー郡のマキノー州立林にある。そのうちの1つはブラック川の東支流に沿った場所であり、1989年の調査で2匹、1996年の調査でも2匹の成虫が見つかった。1999年7月、バンハッテン・クリークで6匹の成虫が確認された。この甲虫は1994年3月7日にアメリカ合衆国の「絶滅の危機に瀕する種の保存に関する法律」で絶滅危惧種に指定されたときに居た場所ではなく、新しい場所で見つかったので重要である。バンハッテン・クリークで見つかったことは、郡内の他の場所でもこの希少種が見つかる可能性を与えている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2677500 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8043 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 57 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47160187 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:areaLandSqMi
  • 547.630000 (xsd:double)
prop-ja:areaPercentage
  • 2.63
prop-ja:areaTotalSqMi
  • 562.440000 (xsd:double)
prop-ja:areaWaterSqMi
  • 14.810000 (xsd:double)
prop-ja:censusYr
  • 2000 (xsd:integer)
prop-ja:centre
  • モンモランシー郡
prop-ja:county
  • Montmorency County
prop-ja:countyJa
  • モンモランシー郡
prop-ja:densityKm
  • 7 (xsd:integer)
prop-ja:dstOffset
  • -4 (xsd:integer)
prop-ja:east
prop-ja:founded
  • 1881 (xsd:integer)
prop-ja:map
  • Map of Michigan highlighting Montmorency County.png
prop-ja:mapSize
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:northeast
prop-ja:northwest
prop-ja:pop
  • 10315 (xsd:integer)
prop-ja:seatWl
  • アトランタ
prop-ja:south
prop-ja:southeast
prop-ja:southwest
prop-ja:state
  • Michigan
prop-ja:stateJa
  • ミシガン州
prop-ja:timeZone
  • Eastern
prop-ja:utcOffset
  • -5 (xsd:integer)
prop-ja:web
  • www.montmorencycountymichigan.us
prop-ja:west
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
georss:point
  • 45.03 -84.13
rdf:type
rdfs:comment
  • モンモランシー郡(英: Montmorency County)は、アメリカ合衆国ミシガン州ロウアー半島の北部に位置する郡である。2010年国勢調査での人口は9,765人であり、2000年の10,315人から5.3%減少した。郡庁所在地は国勢調査指定地域のアトランタ(人口827人)であり、同郡で人口最大の町は同じく国勢調査指定地域のルイストン(人口1,392人)である。1840年に郡名を「チェノケット」とされた。これは「大きな雲」を意味するチッペワ族(オジブワ族とも)の酋長の名前だった。チェノケットは1807年、1815年、1825年、1837年の条約調印に参加した。1843年、「カウント・モレンシ」(Count Morenci)と改名された。モレンシ伯爵はイギリスとの戦争で植民地を助けた。モンモランシー郡は1881年に組織化された。郡名の綴りが変わっていることについては議論が続けられている。モンモランシーという名前はムーア山を意味している可能性がある。モンモランシーは沼地の土地あるいは荒地であり、広い山あるいは高原の上にある。1881年に組織化された時、シボイガン郡とアルピーナ郡から幾らかの領域が編入された。3つの郡区に分割された。すなわちブライリー、モンモランシー、ラストの各郡区である。1901年までにアルバート、ヒルマン、ビエナの郡区が追加された。ブラッシュクリーク、現在のヒルマンが最初の郡庁所在地だった。1891年、郡庁所在地は現在のアトランタに移された。モンモランシー郡にはハンガーフォードのクローリング・ウォーター・ビートルというミシガン州では絶滅が危惧され、世界でも絶滅危惧種となっている水生甲虫が生息している。世界でも5か所のみに生息し、そのうち2か所がモンモランシー郡のマキノー州立林にある。そのうちの1つはブラック川の東支流に沿った場所であり、1989年の調査で2匹、1996年の調査でも2匹の成虫が見つかった。1999年7月、バンハッテン・クリークで6匹の成虫が確認された。この甲虫は1994年3月7日にアメリカ合衆国の「絶滅の危機に瀕する種の保存に関する法律」で絶滅危惧種に指定されたときに居た場所ではなく、新しい場所で見つかったので重要である。バンハッテン・クリークで見つかったことは、郡内の他の場所でもこの希少種が見つかる可能性を与えている。
rdfs:label
  • モンモランシー郡 (ミシガン州)
owl:sameAs
geo:lat
  • 45.029999 (xsd:float)
geo:long
  • -84.129997 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:east of
is prop-ja:north of
is prop-ja:northeast of
is prop-ja:northwest of
is prop-ja:southeast of
is prop-ja:southwest of
is prop-ja:west of
is foaf:primaryTopic of