Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • モンドラゴン協同組合企業 (スペイン語: Corporación Mondragón)は、スペインのバスク自治州に基盤をおく労働者協同組合の集合体である。1956年にアラサーテ/モンドラゴンの町に組合は設立されたが、その起源は、バスク人のカトリック聖職者ホセ・マリア・アリスメンディアリエタ (es) が1943年に開設した小さな技術系学校にさかのぼる。アリスメンディアリエタが1941年にモンドラゴンに着任した時、人口約7,000人の町は、貧困、飢え、亡命、そして緊張を招いたスペイン内戦の後遺症に苦しめられていた。彼は技術学校の門戸を全ての人に開いた。時がたつにつれ、学校は地元企業の熟練労働者、技師、管理者の養成所となっていった。組合設立以前、アリスメンディアリエタはキリスト教に基づく人道教育と、技術の取得を若者に施していた。1955年、ウニオン・セラヘラ社 (Unión Cerrajera) で働く若者の中から5人をアリスメンディアリエタが選び、ファゴル・エレクトロドメスティコス社 (Fagor Electrodomésticos) の前身となる、パラフィン・ヒーターを製造する小さなワークショップ、ウルゴル(Ulgor、参加した5人の若者の姓の頭文字を並べたもの)を開設した。最初の15年間は、閉鎖経済の中で利益を上げた。1959年、組合の一事業としてカハ・ラボラル信用協同組合 (es) が設立された。1966年には社会福祉事業としてラグン・アロ(es、保険業)が設立された。1969年には、地元にあった9つの消費者生活協同組合を統合してエロスキ(スーパーマーケット・チェーン)が設立された。1997年、教育機関としてモンドラゴン大学を開校した。現在では、スペインにおいて、総資本回転率 (asset turnover) の点で第7番目の規模の企業であり、バスク自治州をリードするビジネス集団である。2009年末時点では、4つの活動領域(すなわち、金融・工業・小売そしてナレッジ)において256の会社で働く85,066人の雇用を生み出した。モンドラゴン協同組合企業は、人と労働者主権に基づいたビジネス・モデルに従って運営され、連帯に根付いた強い仲間的な会社の発展を可能にしており、強い社会的な思想によっているが、ビジネス的な手法を否定しない。協同組合らは、その労働者組合員によって所有されており、権力は一人一票の原理に基づいている。
dbpedia-owl:commonName
  • モンドラゴン協同組合企業
dbpedia-owl:foundingYear
  • 1956-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:legalForm
dbpedia-owl:locationCity
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2196539 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6133 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 39 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58381942 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ロゴ
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:本社所在地
  • バスク州ギプスコア県アラサーテ/モンドラゴン
prop-ja:社名
  • モンドラゴン協同組合企業
prop-ja:種類
prop-ja:設立
  • 1956 (xsd:integer)
prop-ja:関係する人物
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • モンドラゴン協同組合企業 (スペイン語: Corporación Mondragón)は、スペインのバスク自治州に基盤をおく労働者協同組合の集合体である。1956年にアラサーテ/モンドラゴンの町に組合は設立されたが、その起源は、バスク人のカトリック聖職者ホセ・マリア・アリスメンディアリエタ (es) が1943年に開設した小さな技術系学校にさかのぼる。アリスメンディアリエタが1941年にモンドラゴンに着任した時、人口約7,000人の町は、貧困、飢え、亡命、そして緊張を招いたスペイン内戦の後遺症に苦しめられていた。彼は技術学校の門戸を全ての人に開いた。時がたつにつれ、学校は地元企業の熟練労働者、技師、管理者の養成所となっていった。組合設立以前、アリスメンディアリエタはキリスト教に基づく人道教育と、技術の取得を若者に施していた。1955年、ウニオン・セラヘラ社 (Unión Cerrajera) で働く若者の中から5人をアリスメンディアリエタが選び、ファゴル・エレクトロドメスティコス社 (Fagor Electrodomésticos) の前身となる、パラフィン・ヒーターを製造する小さなワークショップ、ウルゴル(Ulgor、参加した5人の若者の姓の頭文字を並べたもの)を開設した。最初の15年間は、閉鎖経済の中で利益を上げた。1959年、組合の一事業としてカハ・ラボラル信用協同組合 (es) が設立された。1966年には社会福祉事業としてラグン・アロ(es、保険業)が設立された。1969年には、地元にあった9つの消費者生活協同組合を統合してエロスキ(スーパーマーケット・チェーン)が設立された。1997年、教育機関としてモンドラゴン大学を開校した。現在では、スペインにおいて、総資本回転率 (asset turnover) の点で第7番目の規模の企業であり、バスク自治州をリードするビジネス集団である。2009年末時点では、4つの活動領域(すなわち、金融・工業・小売そしてナレッジ)において256の会社で働く85,066人の雇用を生み出した。モンドラゴン協同組合企業は、人と労働者主権に基づいたビジネス・モデルに従って運営され、連帯に根付いた強い仲間的な会社の発展を可能にしており、強い社会的な思想によっているが、ビジネス的な手法を否定しない。協同組合らは、その労働者組合員によって所有されており、権力は一人一票の原理に基づいている。
rdfs:label
  • モンドラゴン協同組合企業
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • モンドラゴン協同組合企業
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:parent of
is prop-ja:著名な実績 of
is foaf:primaryTopic of