Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • モントリオールオリンピック男子バスケットボール日本代表(―だんし―にほんだいひょう)は、モントリオールオリンピック男子バスケットボール競技に出場したバスケットボール男子日本代表である。前回のミュンヘンオリンピックでは14位という不本意な成績に終わった日本男子。監督には前回大会のコーチだった吉田正彦が就任。このモントリオール大会の予選を兼ねた1975年アジア選手権では準優勝だったものの、優勝した中国が当時IOCに加盟していなかったため2大会連続での出場を果たし雪辱を期待された。しかし、グループゲームラウンドでは1勝もできず、特にソ連戦では63-129の大惨敗を喫した。準決勝ラウンドでもプエルトリコに敗れ12ヶ国中11位と全く振るわなかった。(11位決定戦はエジプトが途中帰国したため不戦勝)この大会を最後に日本男子はオリンピックから遠ざかっており、世界レベルの大会への出場も1998年世界選手権まで22年待たなければならなくなった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1738297 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2478 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 37 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54201167 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • モントリオールオリンピック男子バスケットボール日本代表(―だんし―にほんだいひょう)は、モントリオールオリンピック男子バスケットボール競技に出場したバスケットボール男子日本代表である。前回のミュンヘンオリンピックでは14位という不本意な成績に終わった日本男子。監督には前回大会のコーチだった吉田正彦が就任。このモントリオール大会の予選を兼ねた1975年アジア選手権では準優勝だったものの、優勝した中国が当時IOCに加盟していなかったため2大会連続での出場を果たし雪辱を期待された。しかし、グループゲームラウンドでは1勝もできず、特にソ連戦では63-129の大惨敗を喫した。準決勝ラウンドでもプエルトリコに敗れ12ヶ国中11位と全く振るわなかった。(11位決定戦はエジプトが途中帰国したため不戦勝)この大会を最後に日本男子はオリンピックから遠ざかっており、世界レベルの大会への出場も1998年世界選手権まで22年待たなければならなくなった。
rdfs:label
  • モントリオールオリンピック男子バスケットボール日本代表
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of