Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『モンテーニュ通りのカフェ』 (Fauteuils d'orchestre) は、2006年のフランス映画。パリ8区のモンテーニュ通りにある演奏会、オペラなどを公演するシャンゼリゼ劇場、右手の入口にある芝居を上演するコメディ・デ・シャンゼリゼ、左側にあるホテルが経営するオークション会場。そこは音楽、演劇、絵画というパリが世界に誇るアートが集結した場所で、この作品はそこに携わる人々(演奏家、演劇関係者、オークション関係者)の喜怒哀楽を描く。なお、彼らが仕事途中や終わりに立ち寄るのは向かいにあるカフェであることは、知る人ぞ知る情報。映画祭では原題をそのまま訳した『オーケストラ・シート』の日本語題で上映されたが、そのタイトルは土間の前の方にある劇中音楽を演奏する楽団に近い席を意味する。客にとってその席は細部が見えても全体が見わたせなく、逆に演者は知人が見えるほど近い位置に座ると演じる事に集中できないこともある。なお、アメリカでもその題名では通じ難いので、舞台となった大通りの名称「Avenue Montaigne」の題名で公開されたが、ポスターには通りの端から見えるエッフェル塔をフィーチャーしてフランス感を煽った。アカデミー賞の外国語映画部門のフランス代表となったが、惜しくも選外となった。第32回(2006年度)セザール賞にて助演女優賞(ヴァレリー・ルメルシエ)を受賞し、他に主演女優(セシル・ドゥ・フランス)・助演女優(ダニ)・脚本・編集の4部門にノミネートされた。公開前年に他界した大女優シュザンヌ・フロンの遺作で、「シュザンヌへ」と追悼クレジットも記されている。
dbpedia-owl:cinematography
dbpedia-owl:country
dbpedia-owl:director
dbpedia-owl:distributor
dbpedia-owl:editing
dbpedia-owl:language
dbpedia-owl:musicComposer
dbpedia-owl:producer
dbpedia-owl:starring
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1475414 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3751 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 64 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48057455 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-owl:writer
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:上映時間
  • 106 (xsd:integer)
prop-ja:作品名
  • モンテーニュ通りのカフェ
prop-ja:公開
  • --02-15
  • --04-26
prop-ja:出演者
prop-ja:原題
  • Fauteuils d'orchestre
prop-ja:撮影
  • ジャン=マルク・ファブル
prop-ja:監督
  • ダニエル・トンプソン
prop-ja:編集
  • シルヴィ・ランドラ
prop-ja:脚本
  • ダニエル・トンプソン
  • クリストファー・トンプソン
prop-ja:製作
  • クリスティーヌ・ゴズラン
prop-ja:製作総指揮
prop-ja:言語
prop-ja:配給
  • ユーロスペース
prop-ja:音楽
  • ニコラ・ピオヴァーニ
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『モンテーニュ通りのカフェ』 (Fauteuils d'orchestre) は、2006年のフランス映画。パリ8区のモンテーニュ通りにある演奏会、オペラなどを公演するシャンゼリゼ劇場、右手の入口にある芝居を上演するコメディ・デ・シャンゼリゼ、左側にあるホテルが経営するオークション会場。そこは音楽、演劇、絵画というパリが世界に誇るアートが集結した場所で、この作品はそこに携わる人々(演奏家、演劇関係者、オークション関係者)の喜怒哀楽を描く。なお、彼らが仕事途中や終わりに立ち寄るのは向かいにあるカフェであることは、知る人ぞ知る情報。映画祭では原題をそのまま訳した『オーケストラ・シート』の日本語題で上映されたが、そのタイトルは土間の前の方にある劇中音楽を演奏する楽団に近い席を意味する。客にとってその席は細部が見えても全体が見わたせなく、逆に演者は知人が見えるほど近い位置に座ると演じる事に集中できないこともある。なお、アメリカでもその題名では通じ難いので、舞台となった大通りの名称「Avenue Montaigne」の題名で公開されたが、ポスターには通りの端から見えるエッフェル塔をフィーチャーしてフランス感を煽った。アカデミー賞の外国語映画部門のフランス代表となったが、惜しくも選外となった。第32回(2006年度)セザール賞にて助演女優賞(ヴァレリー・ルメルシエ)を受賞し、他に主演女優(セシル・ドゥ・フランス)・助演女優(ダニ)・脚本・編集の4部門にノミネートされた。公開前年に他界した大女優シュザンヌ・フロンの遺作で、「シュザンヌへ」と追悼クレジットも記されている。
rdfs:label
  • モンテーニュ通りのカフェ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • モンテーニュ通りのカフェ
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of