Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • モンテッソン侯爵夫人(Marquise de Montesson、1738年10月4日 - 1806年2月6日)は、18世紀後半のフランス社交界で活躍した女性。戯曲家。十代で70歳の侯爵と結婚し、その後オルレアン公ルイ・フィリップ1世と貴賎結婚(身分違いから公位と相続権が与えられない結婚)をした。芝居を好み、多くの文化人と交流した。本名はシャルロット=ジャンヌ・ベロー・ド・ラ・エ・ド・リュウ(Charlotte-Jeanne Béraud de La Haye de Riou)。モンテソン夫人、マダム・ド・モンテッソンなどとも呼ばれる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2754032 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1481 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47016042 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • モンテッソン侯爵夫人(Marquise de Montesson、1738年10月4日 - 1806年2月6日)は、18世紀後半のフランス社交界で活躍した女性。戯曲家。十代で70歳の侯爵と結婚し、その後オルレアン公ルイ・フィリップ1世と貴賎結婚(身分違いから公位と相続権が与えられない結婚)をした。芝居を好み、多くの文化人と交流した。本名はシャルロット=ジャンヌ・ベロー・ド・ラ・エ・ド・リュウ(Charlotte-Jeanne Béraud de La Haye de Riou)。モンテソン夫人、マダム・ド・モンテッソンなどとも呼ばれる。
rdfs:label
  • モンテッソン侯爵夫人
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of