Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • モンソンの球面学説(もんそんのきゅうめんがくせつ、Monson's spherical theory)とは1920年にモンソンが唱えた下顎運動に対する理論である。その理論は、スピーの彎曲と呼ばれる歯列咬合面の彎曲を下顎運動範囲に延長すると半径4inchの仮想球面上にあるというもので、球面の中心はおよそ篩骨鶏冠部に相当するとした。モンソンの球面学説は咬頭の存在を考慮していないなどの問題があり、運動様式としてのこの説は現在取り上げられていない。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 181617 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1101 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 40806066 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • モンソンの球面学説(もんそんのきゅうめんがくせつ、Monson's spherical theory)とは1920年にモンソンが唱えた下顎運動に対する理論である。その理論は、スピーの彎曲と呼ばれる歯列咬合面の彎曲を下顎運動範囲に延長すると半径4inchの仮想球面上にあるというもので、球面の中心はおよそ篩骨鶏冠部に相当するとした。モンソンの球面学説は咬頭の存在を考慮していないなどの問題があり、運動様式としてのこの説は現在取り上げられていない。
rdfs:label
  • モンソンの球面学説
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of