Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 大モンゴル・ウルスᠶᠡᠺᠡ ᠮᠤᠨᠭᠭᠤᠯ ᠣᠯᠣᠰYeke Monγγol Ulus (ラテン文字転写)モンゴル帝国の位置モンゴル帝国の版図の変遷 テムジンがチンギス・ハンを名乗った1206年から1294年のモンゴル帝国(赤)の領域に続き、4つの領域国家のゆるやかな連邦体制に移行した帝国の版図を示した(1294年時点)。ジョチ・ウルス(黄)、チャガタイ・ウルス(濃緑)、イルハン朝(緑)、大元ウルス(紫)である。モンゴル帝国(モンゴルていこく)は、モンゴル高原の遊牧民を統合したチンギス・カンが1206年に創設した遊牧国家。中世モンゴル語ではイェケ・モンゴル・ウルス (70px Yeke Monγγol Ulus)すなわち「大モンゴル・ウルス(大蒙古国)」と称した。モンゴル帝国の創始者チンギス・ハンと『四駿四狗』やその他の後継者たちはモンゴルから領土を大きく拡大し、西は東ヨーロッパ、アナトリア(現在のトルコ)、シリア、南はアフガニスタン、チベット、ミャンマー、東は中国、朝鮮半島まで、ユーラシア大陸を横断する帝国を作り上げた。最盛期の領土面積は約3300万km²で、地球上の陸地の約25%を統治し、当時の人口は1億人を超えていた。三大洋全てに面していた。モンゴル帝国は、モンゴル高原に君臨するモンゴル皇帝(カアン、大ハーン)を中心に、各地に分封されたチンギス・ハンの子孫の王族たちが支配する国(ウルス)が集まって形成された連合国家の構造をなした。中国とモンゴル高原を中心とする、現在の区分でいう東アジア部分を統治した第5代皇帝のクビライは1271年に、緩やかな連邦と化した帝国の、モンゴル皇帝直轄の中核国家の国号を大元大モンゴル国と改称するが、その後も皇帝を頂点とする帝国はある程度の繋がりを有した。この大連合は14世紀にゆるやかに解体に向かうが、モンゴル帝国の皇帝位は1634年の北元滅亡まで存続した。また、チンギス・カンの末裔を称する王家たちは実に20世紀に至るまで、中央ユーラシアの各地に君臨し続けることになる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 28673 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 35054 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 630 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59161315 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:亡国時期
  • 1634 (xsd:integer)
prop-ja:位置画像
  • Mongol Empire map.gif
prop-ja:位置画像説明
  • モンゴル帝国の版図の変遷 テムジンがチンギス・ハンを名乗った1206年から1294年のモンゴル帝国(赤)の領域に続き、4つの領域国家のゆるやかな連邦体制に移行した帝国の版図を示した(1294年時点)。ジョチ・ウルス(黄)、チャガタイ・ウルス(濃緑)、イルハン朝(緑)、大元ウルス(紫)である。
prop-ja:元首等年代始
  • 1206 (xsd:integer)
  • 1260 (xsd:integer)
  • 1603 (xsd:integer)
prop-ja:元首等年代終
  • 1226 (xsd:integer)
  • 1294 (xsd:integer)
  • 1634 (xsd:integer)
prop-ja:元首等氏名
prop-ja:元首等肩書
prop-ja:先代
  • ウラジーミル・スーズダリ大公国
  • セルジューク朝
  • 西夏
  • 金朝
  • ホラズム・シャー朝
  • キプチャク
  • 南宋
  • 西遼
  • :en:Khamag Mongol
  • :en:Kimek Khanate
  • キエフ大公国
  • ケレイト
  • ナイマン
  • 天山ウイグル王国
prop-ja:先旗
  • Coat_of_Arms_of_Vladimir_.png
prop-ja:公式国名
  • ((ラテン文字転写))
prop-ja:公用語
prop-ja:国旗画像
prop-ja:変遷
  • dbpedia-ja:後金
  • テムジンが大ハーンに推戴されチンギス・ハンを称す
  • 朱元璋の立てた明により中国の地を追われる
  • フビライが大ハーン即位を一方的に宣言する
prop-ja:変遷年月日
  • 1206 (xsd:integer)
  • 1260 (xsd:integer)
  • 1368 (xsd:integer)
  • 1634 (xsd:integer)
prop-ja:建国時期
  • 1206 (xsd:integer)
prop-ja:日本語国名
  • 大モンゴル・ウルス
prop-ja:次代
  • オスマン帝国
  • イルハン朝
  • ジョチ・ウルス
  • チャガタイ・ハン国
  • モスクワ大公国
  • オゴデイ・ハン国
  • 元_
prop-ja:次旗
  • Coat of Arms of Moscow.svg
  • Flag of the Qing Dynasty .svg
  • Flag of Chagatai khanate.svg
  • Golden Horde flag 1339.svg
  • Il-Khanate Flag.svg
  • Ottoman_Flag.svg
prop-ja:略名
  • モンゴル帝国
prop-ja:首都
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 大モンゴル・ウルスᠶᠡᠺᠡ ᠮᠤᠨᠭᠭᠤᠯ ᠣᠯᠣᠰYeke Monγγol Ulus (ラテン文字転写)モンゴル帝国の位置モンゴル帝国の版図の変遷 テムジンがチンギス・ハンを名乗った1206年から1294年のモンゴル帝国(赤)の領域に続き、4つの領域国家のゆるやかな連邦体制に移行した帝国の版図を示した(1294年時点)。ジョチ・ウルス(黄)、チャガタイ・ウルス(濃緑)、イルハン朝(緑)、大元ウルス(紫)である。モンゴル帝国(モンゴルていこく)は、モンゴル高原の遊牧民を統合したチンギス・カンが1206年に創設した遊牧国家。中世モンゴル語ではイェケ・モンゴル・ウルス (70px Yeke Monγγol Ulus)すなわち「大モンゴル・ウルス(大蒙古国)」と称した。モンゴル帝国の創始者チンギス・ハンと『四駿四狗』やその他の後継者たちはモンゴルから領土を大きく拡大し、西は東ヨーロッパ、アナトリア(現在のトルコ)、シリア、南はアフガニスタン、チベット、ミャンマー、東は中国、朝鮮半島まで、ユーラシア大陸を横断する帝国を作り上げた。最盛期の領土面積は約3300万km²で、地球上の陸地の約25%を統治し、当時の人口は1億人を超えていた。三大洋全てに面していた。モンゴル帝国は、モンゴル高原に君臨するモンゴル皇帝(カアン、大ハーン)を中心に、各地に分封されたチンギス・ハンの子孫の王族たちが支配する国(ウルス)が集まって形成された連合国家の構造をなした。中国とモンゴル高原を中心とする、現在の区分でいう東アジア部分を統治した第5代皇帝のクビライは1271年に、緩やかな連邦と化した帝国の、モンゴル皇帝直轄の中核国家の国号を大元大モンゴル国と改称するが、その後も皇帝を頂点とする帝国はある程度の繋がりを有した。この大連合は14世紀にゆるやかに解体に向かうが、モンゴル帝国の皇帝位は1634年の北元滅亡まで存続した。また、チンギス・カンの末裔を称する王家たちは実に20世紀に至るまで、中央ユーラシアの各地に君臨し続けることになる。
rdfs:label
  • モンゴル帝国
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:isPartOfMilitaryConflict of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:caption of
is prop-ja:combatant of
is prop-ja:conflict of
is prop-ja:result of
is prop-ja:君主号 of
is prop-ja:変遷 of
is foaf:primaryTopic of