Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • モンゴル国の国際関係(モンゴルこくのこくさいかんけい)は、近代以降に限っても、「中国」への組み込みを目指す清朝、中華民国歴代政権との対峙(1908年〜1946年) 中国と対峙するのに必要な軍事・経済支援をあおぐ代償としての帝政ロシア、ソビエト連邦への従属(1908年〜1990年) モンゴル南部との統合をめぐる試行錯誤(ボグド・ハーン政権の模索・人民革命党の綱領・ヤルタ協定) 全方位外交への道(建国初期の模索/ソビエト連邦一辺倒の時代/冷戦終結により訪れた春) チベット仏教を背景としたチベットとの連帯と断絶、交流の再開などの要素がある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 260673 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10214 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 120 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57813589 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • モンゴル国の国際関係(モンゴルこくのこくさいかんけい)は、近代以降に限っても、「中国」への組み込みを目指す清朝、中華民国歴代政権との対峙(1908年〜1946年) 中国と対峙するのに必要な軍事・経済支援をあおぐ代償としての帝政ロシア、ソビエト連邦への従属(1908年〜1990年) モンゴル南部との統合をめぐる試行錯誤(ボグド・ハーン政権の模索・人民革命党の綱領・ヤルタ協定) 全方位外交への道(建国初期の模索/ソビエト連邦一辺倒の時代/冷戦終結により訪れた春) チベット仏教を背景としたチベットとの連帯と断絶、交流の再開などの要素がある。
rdfs:label
  • モンゴル国の国際関係
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of