Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • モロス(古希: Μόρος, Moros)は、ギリシア神話に登場する、死の定業、運命を司る神である。ヘーシオドスの『神統記』によると、夜の女神ニュクスの子で、ケール、タナトス、ヒュプノス、オネイロス、モーモス、オイジュス、ヘスペリス、モイラ、ネメシス、アパテー、ピロテース、ゲーラス、エリスと兄弟。彼らはニュクスが1人で生んだ子と言われる。暗闇の中に住んでおり、人間の死を定義し支配すると言われる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 788414 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 563 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58594157 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • モロス(古希: Μόρος, Moros)は、ギリシア神話に登場する、死の定業、運命を司る神である。ヘーシオドスの『神統記』によると、夜の女神ニュクスの子で、ケール、タナトス、ヒュプノス、オネイロス、モーモス、オイジュス、ヘスペリス、モイラ、ネメシス、アパテー、ピロテース、ゲーラス、エリスと兄弟。彼らはニュクスが1人で生んだ子と言われる。暗闇の中に住んでおり、人間の死を定義し支配すると言われる。
rdfs:label
  • モロス (ギリシア神話)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of