Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 化学においてモル濃度(モルのうど、molar concentration)とは、濃度を表す方式の一つで、単位体積の溶液中の溶質の物質量である。SI単位はmol m-3(モル毎立方メートル)であるが、実用的にはmol dm-3(モル毎立方デシメートル)やmol L-1(モル毎リットル)がよく用いられる。化学や生化学などでよく用いられる濃度表示法であるが、ほとんどの溶液の体積が熱膨張の影響で温度に依存して変化するため熱力学では使われにくい。しかし、この問題は温度補正係数や重量モル濃度など温度が影響しない方法をとることにより解決される。直近の国際機関JCGM 200:2012 (VIM3) の用語に従えば、これは、物質量濃度(amount of substance concentration = amount concentration = concentration)のことである。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 29688 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2769 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 28 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59136769 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 化学においてモル濃度(モルのうど、molar concentration)とは、濃度を表す方式の一つで、単位体積の溶液中の溶質の物質量である。SI単位はmol m-3(モル毎立方メートル)であるが、実用的にはmol dm-3(モル毎立方デシメートル)やmol L-1(モル毎リットル)がよく用いられる。化学や生化学などでよく用いられる濃度表示法であるが、ほとんどの溶液の体積が熱膨張の影響で温度に依存して変化するため熱力学では使われにくい。しかし、この問題は温度補正係数や重量モル濃度など温度が影響しない方法をとることにより解決される。直近の国際機関JCGM 200:2012 (VIM3) の用語に従えば、これは、物質量濃度(amount of substance concentration = amount concentration = concentration)のことである。
rdfs:label
  • モル濃度
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of