Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • モラル・ハザード(英: moral hazard)には、以下の3つの異なる意味がある。本項ではそれぞれについて説明する。 プリンシパル=エージェント問題。経済学のプリンシパル=エージェント関係(「使用者と被用者の関係」など)において、情報の非対称性によりエージェントの行動についてプリンシパルが知りえない情報や専門知識がある(片方の側のみ情報と専門知識を有する)ことから、エージェントの行動に歪みが生じ効率的な資源配分が妨げられる現象。「隠された行動」によって起きる。 保険におけるモラル・ハザード。保険に加入していることにより、リスクをともなう行動が生じること。広義には、1.に含まれる。 倫理の欠如。倫理観や道徳的節度がなくなり、社会的な責任を果たさないこと(「バレなければよい」という考えが醸成されるなど)。3.の意味は英語の「moral hazard」にはなく、日本独自のものであり、誤用とみなされることが多い。論者によって意味が大きく異なり、扱いの難しい用語である。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 218773 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4818 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 47 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58457737 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • モラル・ハザード(英: moral hazard)には、以下の3つの異なる意味がある。本項ではそれぞれについて説明する。 プリンシパル=エージェント問題。経済学のプリンシパル=エージェント関係(「使用者と被用者の関係」など)において、情報の非対称性によりエージェントの行動についてプリンシパルが知りえない情報や専門知識がある(片方の側のみ情報と専門知識を有する)ことから、エージェントの行動に歪みが生じ効率的な資源配分が妨げられる現象。「隠された行動」によって起きる。 保険におけるモラル・ハザード。保険に加入していることにより、リスクをともなう行動が生じること。広義には、1.に含まれる。 倫理の欠如。倫理観や道徳的節度がなくなり、社会的な責任を果たさないこと(「バレなければよい」という考えが醸成されるなど)。3.の意味は英語の「moral hazard」にはなく、日本独自のものであり、誤用とみなされることが多い。論者によって意味が大きく異なり、扱いの難しい用語である。
rdfs:label
  • モラル・ハザード
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of