Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • モノリス(英語: monolith)は、建築物や遺跡の内で配置された単一の巨大な岩や、いくつかの山々のように一枚の塊状の岩や石から成る地質学的特徴を表すものである。侵食によって通常、非常に硬い固形の変成岩または火成岩から成り立つ地質を露出する。建築学において、モノリスは先史時代に使用された巨石建築物(megalith)とかなり重複し、おそらくモノリシック教会のように硬い岩をくっつけて造った遺跡のような岩を切り出した建築物の前後関係に使われたのかもしれない。また、オベリスクや彫像、モノリシック柱のような例外的に大きな石または巨大なアーキトレーブは、採石した後にかなりの距離を移動したのかもしれない。またそれは自然の力によって運ばれてきた巨大な迷子石も利用したのかもしれない。語源は古典ギリシア語の単語μόνος (monos)「唯一つの」とλίθος (lithos)「石」の複合語μονόλιθος (monolithos)の古典ラテン語形monolithusに由来する。 
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2978998 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7341 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 123 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59248219 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • モノリス(英語: monolith)は、建築物や遺跡の内で配置された単一の巨大な岩や、いくつかの山々のように一枚の塊状の岩や石から成る地質学的特徴を表すものである。侵食によって通常、非常に硬い固形の変成岩または火成岩から成り立つ地質を露出する。建築学において、モノリスは先史時代に使用された巨石建築物(megalith)とかなり重複し、おそらくモノリシック教会のように硬い岩をくっつけて造った遺跡のような岩を切り出した建築物の前後関係に使われたのかもしれない。また、オベリスクや彫像、モノリシック柱のような例外的に大きな石または巨大なアーキトレーブは、採石した後にかなりの距離を移動したのかもしれない。またそれは自然の力によって運ばれてきた巨大な迷子石も利用したのかもしれない。語源は古典ギリシア語の単語μόνος (monos)「唯一つの」とλίθος (lithos)「石」の複合語μονόλιθος (monolithos)の古典ラテン語形monolithusに由来する。 
rdfs:label
  • モノリス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of