Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • モシャ・ピヤーデ(Moša Pijade, 1890年1月4日 - 1957年3月15日)は、ユーゴスラビアの政治家。チトーの腹心であり、ユーゴスラビアの大統領を務めた。ベオグラードのユダヤ人の家庭に生まれる。第二次世界大戦中から戦後にかけて、中央委員会や政治局の重鎮としてユーゴスラビアの政界で采配を振る。パルチザンの一員でもあり、ユーゴスラビアの国民的英雄と謳われた。政治家の枠にとらわれず、画家、美術批評家、出版事業家としても活躍。マルクスの『資本論』をセルボ=クロアチア語に翻訳したのも彼である。共産主義体制下のユーゴスラビアで、政治理論に関して大きな影響力を持った。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 507462 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 517 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47484218 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • モシャ・ピヤーデ(Moša Pijade, 1890年1月4日 - 1957年3月15日)は、ユーゴスラビアの政治家。チトーの腹心であり、ユーゴスラビアの大統領を務めた。ベオグラードのユダヤ人の家庭に生まれる。第二次世界大戦中から戦後にかけて、中央委員会や政治局の重鎮としてユーゴスラビアの政界で采配を振る。パルチザンの一員でもあり、ユーゴスラビアの国民的英雄と謳われた。政治家の枠にとらわれず、画家、美術批評家、出版事業家としても活躍。マルクスの『資本論』をセルボ=クロアチア語に翻訳したのも彼である。共産主義体制下のユーゴスラビアで、政治理論に関して大きな影響力を持った。
rdfs:label
  • モシャ・ピヤーデ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of