Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • モササウルス科とは白亜紀後期に繁栄した有鱗目トカゲ亜目オオトカゲ上科に属する、海生のトカゲからなるグループである。まれに海トカゲ類と呼ばれることもある。本項目では模式属であるモササウルスを含めた科全体の概要について解説する。モササウルスの化石は1764年にオランダのマーストリヒトの石灰岩採石場で発見された。その後のジョルジュ・キュヴィエらの研究によって、この化石が絶滅した大型の海生爬虫類のものであることが判明した。現在の分岐分類学では顎の構造などから、モササウルス科はトカゲ亜目の中でもヘビに最も近縁なグループであると考えられており、有鱗目の種分化を考えるうえで非常に注目されている分類群である。
dbpedia-owl:class
dbpedia-owl:order
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2391524 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 15920 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 197 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57854752 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:上科
  • オオトカゲ上科
prop-ja:下位分類
  • 本文参照
prop-ja:下位分類名
prop-ja:下目
  • アシナシトカゲ形下目
prop-ja:下綱
  • 鱗竜下綱
prop-ja:亜目
  • トカゲ亜目
prop-ja:亜綱
  • 双弓亜綱
prop-ja:名称
  • モササウルス科
  • Mosasauridae
prop-ja:地質時代
prop-ja:学名
  • 1853 (xsd:integer)
  • Mosasauridae
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
  • (マーストリヒト自然史博物館に展示されているモササウルスの骨格)
prop-ja:
  • 有鱗目
prop-ja:省略
  • 爬虫綱
prop-ja:
  • モササウルス科
dc:description
  • (マーストリヒト自然史博物館に展示されているモササウルスの骨格)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • モササウルス科とは白亜紀後期に繁栄した有鱗目トカゲ亜目オオトカゲ上科に属する、海生のトカゲからなるグループである。まれに海トカゲ類と呼ばれることもある。本項目では模式属であるモササウルスを含めた科全体の概要について解説する。モササウルスの化石は1764年にオランダのマーストリヒトの石灰岩採石場で発見された。その後のジョルジュ・キュヴィエらの研究によって、この化石が絶滅した大型の海生爬虫類のものであることが判明した。現在の分岐分類学では顎の構造などから、モササウルス科はトカゲ亜目の中でもヘビに最も近縁なグループであると考えられており、有鱗目の種分化を考えるうえで非常に注目されている分類群である。
rdfs:label
  • モササウルス科
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • モササウルス科
  • 爬虫綱
  • Mosasauridae
is dbpedia-owl:family of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of