Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • メラー=プレセット法(メラー=プレセットほう、英: Møller-Plesset method)とは、計算化学の分野におけるハートリー=フォック法(平均場近似)を超える、より高精度な第一原理計算手法の一つである。レイリー=シュレーディンガーの摂動論を用いて電子相関を考慮する方法であり、摂動のレベルによりMP2、MP3、MP4などと呼ばれる。主要な着想は1934年にクリスティアン・メラーとミルトン・S・プレセットによって発表された。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1313414 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2284 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 25 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59119963 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • メラー=プレセット法(メラー=プレセットほう、英: Møller-Plesset method)とは、計算化学の分野におけるハートリー=フォック法(平均場近似)を超える、より高精度な第一原理計算手法の一つである。レイリー=シュレーディンガーの摂動論を用いて電子相関を考慮する方法であり、摂動のレベルによりMP2、MP3、MP4などと呼ばれる。主要な着想は1934年にクリスティアン・メラーとミルトン・S・プレセットによって発表された。
rdfs:label
  • メラー=プレセット法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:knownFor of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:knownFor of
is foaf:primaryTopic of