Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • メヘレン事件(メヘレンじけん、独:Mechelen-Zwischenfall)とは、第二次世界大戦勃発直後、まやかし戦争中の1940年1月10日にベルギーで起きた事件。黄色作戦を遂行中であったドイツ軍機メッサーシュミットBf 108一機がベルギーのリンブルフ州マースメヘレンのヴヘトに不時着した。着陸した場所がネーデルラントであったためイギリス・フランス両当局に危機感を与えたが、比較的早くに混乱は収束した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3108286 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6947 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 58 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57535627 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • メヘレン事件(メヘレンじけん、独:Mechelen-Zwischenfall)とは、第二次世界大戦勃発直後、まやかし戦争中の1940年1月10日にベルギーで起きた事件。黄色作戦を遂行中であったドイツ軍機メッサーシュミットBf 108一機がベルギーのリンブルフ州マースメヘレンのヴヘトに不時着した。着陸した場所がネーデルラントであったためイギリス・フランス両当局に危機感を与えたが、比較的早くに混乱は収束した。
rdfs:label
  • メヘレン事件
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of