Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • メプロバメート(Meprobamate)とは、非バルビツール酸系の初のトランキライザー(精神安定剤)である。アメリカではミルタウン、エクワニル、日本ではアトラキシンの商品名で知られる。1950年代に、安全性に懸念のあったバルビツール酸系のフェノバルビタールに代わって、習慣性がないとして販売された。しかし依存や乱用が問題となり販売中止に至った。1971年に公布された、国際条約である向精神薬に関する条約におけるスケジュールIVの薬物である。フランク・バーガーは、イギリスの製薬会社にて化学者のウィリアム・ブラッドリーと共にグラム陰性菌に効く薬を探しており、フェノキセトールの誘導体の試験でマウスの筋力が失われたことを発見した。バーガーは、研究中のこの運動能力低下・筋弛緩作用をTranqulizingとした。バーガーがこの用語を用いたのは、1946年のことである。(トランキライザーの語を造語したのはヨンクマンである。トランキライザー参照)アメリカに移住したバーガーは、1949年に、ウォレス研究所にてメフェネジンの代謝の遅いものを探し、1950年5月にはメプロバメートをテストした。ウォレス研究所からは、研究所のあったニュージャージー州ミルタウンをとってミルタウンの商品名で、ライセンスを得たワイス研究所からはエクワニルの名で発売された。1955年のことである。多くの雑誌が、ハッピーピル、心の平和の薬などとしてとりあげ、爆発的に販売された。日本では、1957年に初のトランキライザーとして登場し、第一製薬のアトラキシンが代表的なものでほかにエリナ、ハーモニンといった商品も含め20種ほど販売されていた。日本の新聞においても、文化病・都会病、ノイローゼの薬として広告され、主婦のイライラや赤子の夜泣きへの効能が謳われている。薬局で買える薬であったことからも、乱用が多発し市場から姿を消していった。スターンバックが似たような薬を開発し、これは後にベンゾジアゼピン系の薬となる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2933773 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5870 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 14 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57879433 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:atcPrefix
  • N05
prop-ja:atcSuffix
  • BC01
prop-ja:bioavailability
  • ?
prop-ja:boilingNotes
  • to 210 °C
prop-ja:boilingPoint
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:c
  • 9 (xsd:integer)
prop-ja:casNumber
  • 57 (xsd:integer)
prop-ja:chembl
  • 979 (xsd:integer)
prop-ja:chemspiderid
  • 3924 (xsd:integer)
prop-ja:density
  • 1.229000 (xsd:double)
prop-ja:drugbank
  • DB00371
prop-ja:eliminationHalfLife
  • 36000.0
prop-ja:excretion
prop-ja:h
  • 18 (xsd:integer)
prop-ja:image
  • Meprobamate ball-and-stick model.png
prop-ja:inchi
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:inchikey
  • NPPQSCRMBWNHMW-UHFFFAOYAM
prop-ja:iupacName
  • [2--2-methyl-pentyl] carbamate
prop-ja:iupharLigand
  • 7225 (xsd:integer)
prop-ja:kegg
  • D00376
prop-ja:legalAu
  • S4
prop-ja:legalCa
  • Schedule IV
prop-ja:legalDe
  • Anlage II
prop-ja:legalUs
  • Schedule IV
prop-ja:medlineplus
  • a682077
prop-ja:meltingHigh
  • 106 (xsd:integer)
prop-ja:meltingPoint
  • 105 (xsd:integer)
prop-ja:metabolism
prop-ja:molecularWeight
  • 218.250000 (xsd:double)
prop-ja:n
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:o
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:pregnancyAu
  • C
prop-ja:pregnancyUs
  • D
prop-ja:pubchem
  • 4064 (xsd:integer)
prop-ja:routesOfAdministration
  • Oral
prop-ja:smiles
  • O=CN
prop-ja:stdinchi
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:stdinchikey
  • NPPQSCRMBWNHMW-UHFFFAOYSA-N
prop-ja:unii
  • 9 (xsd:integer)
prop-ja:verifiedrevid
  • 459508597 (xsd:integer)
prop-ja:watchedfields
  • changed
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • メプロバメート(Meprobamate)とは、非バルビツール酸系の初のトランキライザー(精神安定剤)である。アメリカではミルタウン、エクワニル、日本ではアトラキシンの商品名で知られる。1950年代に、安全性に懸念のあったバルビツール酸系のフェノバルビタールに代わって、習慣性がないとして販売された。しかし依存や乱用が問題となり販売中止に至った。1971年に公布された、国際条約である向精神薬に関する条約におけるスケジュールIVの薬物である。フランク・バーガーは、イギリスの製薬会社にて化学者のウィリアム・ブラッドリーと共にグラム陰性菌に効く薬を探しており、フェノキセトールの誘導体の試験でマウスの筋力が失われたことを発見した。バーガーは、研究中のこの運動能力低下・筋弛緩作用をTranqulizingとした。バーガーがこの用語を用いたのは、1946年のことである。(トランキライザーの語を造語したのはヨンクマンである。トランキライザー参照)アメリカに移住したバーガーは、1949年に、ウォレス研究所にてメフェネジンの代謝の遅いものを探し、1950年5月にはメプロバメートをテストした。ウォレス研究所からは、研究所のあったニュージャージー州ミルタウンをとってミルタウンの商品名で、ライセンスを得たワイス研究所からはエクワニルの名で発売された。1955年のことである。多くの雑誌が、ハッピーピル、心の平和の薬などとしてとりあげ、爆発的に販売された。日本では、1957年に初のトランキライザーとして登場し、第一製薬のアトラキシンが代表的なものでほかにエリナ、ハーモニンといった商品も含め20種ほど販売されていた。日本の新聞においても、文化病・都会病、ノイローゼの薬として広告され、主婦のイライラや赤子の夜泣きへの効能が謳われている。薬局で買える薬であったことからも、乱用が多発し市場から姿を消していった。スターンバックが似たような薬を開発し、これは後にベンゾジアゼピン系の薬となる。
rdfs:label
  • メプロバメート
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of