Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • メフメト2世(トルコ語: II. Mehmet、1432年3月30日 - 1481年5月3日)は、オスマン帝国の第7代スルタン(皇帝、在位: 1444年 - 1446年、1451年2月18日 - 1481年5月3日)。コンスタンティノープル(イスタンブル)を攻略してビザンツ帝国(東ローマ帝国)を滅ぼし、オスマン帝国の版図を大幅に広げる。30年以上に渡る征服事業から、「征服者(ファーティフ Fatih)」と呼ばれた。メフメトは30年にわたる2度目の治世において、コンスタンティノープルやバルカン半島の諸国、アナトリアのトルコ人の諸勢力を征服し、オスマン朝の勢力を急速に拡大させた。これによりオスマン朝は帝国と呼びうる内実を獲得することになる。コンスタンティノープル征服後、メフメトは「征服の父」「2つの海と2つの大陸の支配者」という称号を用いた。オスマンの勢力拡大はヨーロッパ諸国にとっての脅威であり、メフメトは「破壊者」「キリスト教最大の敵」「血にまみれた君主」と恐れられた。その征服活動よりしばしばアレクサンドロス大王と比較され、彼自身もアレクサンドロスの伝記を好んで読んでいた。メフメトはイスラーム以外にヨーロッパの文化にも理解を示し、宮廷には国際的な空気が流れていた。そのため、ルネサンス君主の1人に数えられることもある。メフメトの後に即位したオスマン帝国の皇帝はもっぱらイスラームの文化に関心を持ち、宮廷から多文化が共存する空気は失われた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 56062 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 27681 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 258 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59084721 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:サイン
  • Tughra of Mehmed II.JPG
prop-ja:人名
  • メフメト2世
prop-ja:出生日
  • --03-30
prop-ja:各国語表記
  • محمد الثانى
prop-ja:在位
  • 1444 (xsd:integer)
  • 1451 (xsd:integer)
prop-ja:子女
prop-ja:死亡日
  • --05-03
prop-ja:母親
  • ヒュマ・ハトゥン
prop-ja:没地
  • テクフル・チャイリ
prop-ja:父親
prop-ja:王家
prop-ja:王朝
prop-ja:生地
prop-ja:画像
  • Gentile Bellini 003.jpg
prop-ja:画像説明
prop-ja:配偶者
  • シット・ハトゥンなど
dcterms:subject
rdfs:comment
  • メフメト2世(トルコ語: II.
rdfs:label
  • メフメト2世
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:opponents of
is dbpedia-owl:parent of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:commander of
is prop-ja:子女 of
is prop-ja:父親 of
is foaf:primaryTopic of