Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • メノ・オースティング(Menno Oosting, 1964年5月17日 - 1999年2月22日)は、オランダ・北ブラバント州ソーネンブレウヘル出身の男子プロテニス選手。1994年の全仏オープン混合ダブルス部門で、同じオランダのクリスティ・ボーグルトとペアを組んで優勝した選手である。キャリアを通じてダブルスを活動の重点に置いたが、1999年2月22日に自動車事故で死去した。自己最高ランキングはシングルス72位、ダブルス20位。ATPツアーでシングルスの優勝はなかったが、ダブルスで7勝を挙げた。オースティングは7歳から家族とともにテニスを始め、16歳まではサッカーとフィールドホッケーもプレーした。1983年にプロ入り。1985年に男子テニス国別対抗戦・デビスカップのオランダ代表選手に初選出され、同年の全豪オープンで4大大会に初出場する。1988年が彼のテニス経歴を通じて、シングルス成績が最も好調だった年であり、全豪オープン4回戦・ウィンブルドン3回戦進出などを記録した。全豪オープン4回戦で、オースティングはトッド・ウィッツケン(アメリカ)に 1-6, 2-6, 2-6 で敗れ、ウィンブルドン3回戦では第2シードのマッツ・ビランデルに 1-6, 4-6, 4-6 で敗れた。彼は1989年全豪オープンの1回戦敗退を最後に、4大大会の男子シングルスから遠ざかり、1991年夏以後はシングルスを断念して、ダブルスに専念するようになった。オースティングは1991年の全豪オープン男子ダブルスでベスト8に入り、同年9月のギリシャ・アテネ大会で初めてのツアー決勝進出を決めた。1992年4月の「シチズンカップ」(ドイツ・ミュンヘン開催)男子ダブルスで、デビッド・アダムズ(南アフリカ)と組んでツアー初優勝を果たす。1994年、メノ・オースティングは全仏オープン混合ダブルスで同じオランダのクリスティ・ボーグルトとペアを組み、決勝でアンドレイ・オルホフスキー(ロシア)&ラリサ・ネーランド(ラトビア)組を 7-5, 3-6, 7-5 で破って優勝した。この年は男子ツアーのダブルスでも3勝を挙げ、パートナーはそれぞれ違う選手と組んだ。その後、オースティングは1996年に男子ツアーで7大会のダブルス決勝戦に進んだが、優勝1度・準優勝6度の結果に終わった。1998年3月のデンマーク・コペンハーゲン大会が、彼の最後の優勝になった(通算7勝)。1999年2月8日-14日にかけて行われたロシア・サンクトペテルブルク大会のダブルスで、オースティングはアンドレイ・パベル(ルーマニア)とペアを組み、決勝でジェフ・タランゴ(アメリカ)&ダニエル・バチェク(チェコ)組に 6-3, 3-6, 5-7 で敗れた。[1] それから1週間後の2月22日、彼はフランス・シェルブールで開催された下部大会「シェルブール・チャレンジャー」に出場した。ダブルスの第1シードだったオースティングとサンダー・グローン(ドイツ)の組は、1回戦で地元フランスのアルノー・クレマン&オリビエ・ムティス組に 4-6, 4-6 で敗退した。[2] この試合に敗れた後、オースティングはシェルブールから自動車で帰途についた。1人で車を運転していた彼は、故郷のソーネンブレウヘルまで30分ほどの位置にあるベルギー・トゥルンハウトで、悪天候のため車を操縦できなくなり、柱に衝突してしまった。こうして、メノ・オースティングは34歳9か月の若さで突然の死を迎えた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1705799 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3313 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 72 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53165547 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:id
  • Oo/M/Menno-Oosting
prop-ja:name
  • メノ・オースティング
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ウィンブルドン
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:ウィンブルドンダブルス
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:シングルス
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:シングルス最高
  • 72 (xsd:integer)
prop-ja:シングルス通算
  • 26 (xsd:integer)
prop-ja:ダブルス
  • 7 (xsd:integer)
prop-ja:ダブルス最高
  • 20 (xsd:integer)
prop-ja:ダブルス通算
  • 239 (xsd:integer)
prop-ja:ツアー通算
  • 7 (xsd:integer)
prop-ja:デビュー年
  • 1983 (xsd:integer)
prop-ja:体重
  • 73.0
prop-ja:全仏オープン
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:全仏オープンダブルス
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:全仏オープン混合ダブルス
  • 優勝(1994)
prop-ja:全米オープン
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:全米オープンダブルス
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:全豪オープン
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:全豪オープンダブルス
  • ベスト8(1991)
prop-ja:写真
  • Menno Oosting.jpg
prop-ja:出身地
  • 同・ソーネンブレウヘル
prop-ja:利き手
prop-ja:引退年
  • 1999 (xsd:integer)
prop-ja:死没地
  • ベルギー・トゥルンハウト
prop-ja:没年日
  • 1999-02-22 (xsd:date)
prop-ja:混合ダブルス優勝回数
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:生涯通算成績
  • 265 (xsd:integer)
prop-ja:誕生日
  • 1964-05-17 (xsd:date)
prop-ja:身長
  • 180.0
prop-ja:選手名(日本語)_
  • メノ・オースティング
prop-ja:選手名(英語)_
  • Menno Oosting
dcterms:subject
rdfs:comment
  • メノ・オースティング(Menno Oosting, 1964年5月17日 - 1999年2月22日)は、オランダ・北ブラバント州ソーネンブレウヘル出身の男子プロテニス選手。1994年の全仏オープン混合ダブルス部門で、同じオランダのクリスティ・ボーグルトとペアを組んで優勝した選手である。キャリアを通じてダブルスを活動の重点に置いたが、1999年2月22日に自動車事故で死去した。自己最高ランキングはシングルス72位、ダブルス20位。ATPツアーでシングルスの優勝はなかったが、ダブルスで7勝を挙げた。オースティングは7歳から家族とともにテニスを始め、16歳まではサッカーとフィールドホッケーもプレーした。1983年にプロ入り。1985年に男子テニス国別対抗戦・デビスカップのオランダ代表選手に初選出され、同年の全豪オープンで4大大会に初出場する。1988年が彼のテニス経歴を通じて、シングルス成績が最も好調だった年であり、全豪オープン4回戦・ウィンブルドン3回戦進出などを記録した。全豪オープン4回戦で、オースティングはトッド・ウィッツケン(アメリカ)に 1-6, 2-6, 2-6 で敗れ、ウィンブルドン3回戦では第2シードのマッツ・ビランデルに 1-6, 4-6, 4-6 で敗れた。彼は1989年全豪オープンの1回戦敗退を最後に、4大大会の男子シングルスから遠ざかり、1991年夏以後はシングルスを断念して、ダブルスに専念するようになった。オースティングは1991年の全豪オープン男子ダブルスでベスト8に入り、同年9月のギリシャ・アテネ大会で初めてのツアー決勝進出を決めた。1992年4月の「シチズンカップ」(ドイツ・ミュンヘン開催)男子ダブルスで、デビッド・アダムズ(南アフリカ)と組んでツアー初優勝を果たす。1994年、メノ・オースティングは全仏オープン混合ダブルスで同じオランダのクリスティ・ボーグルトとペアを組み、決勝でアンドレイ・オルホフスキー(ロシア)&ラリサ・ネーランド(ラトビア)組を 7-5, 3-6, 7-5 で破って優勝した。この年は男子ツアーのダブルスでも3勝を挙げ、パートナーはそれぞれ違う選手と組んだ。その後、オースティングは1996年に男子ツアーで7大会のダブルス決勝戦に進んだが、優勝1度・準優勝6度の結果に終わった。1998年3月のデンマーク・コペンハーゲン大会が、彼の最後の優勝になった(通算7勝)。1999年2月8日-14日にかけて行われたロシア・サンクトペテルブルク大会のダブルスで、オースティングはアンドレイ・パベル(ルーマニア)とペアを組み、決勝でジェフ・タランゴ(アメリカ)&ダニエル・バチェク(チェコ)組に 6-3, 3-6, 5-7 で敗れた。[1] それから1週間後の2月22日、彼はフランス・シェルブールで開催された下部大会「シェルブール・チャレンジャー」に出場した。ダブルスの第1シードだったオースティングとサンダー・グローン(ドイツ)の組は、1回戦で地元フランスのアルノー・クレマン&オリビエ・ムティス組に 4-6, 4-6 で敗退した。[2] この試合に敗れた後、オースティングはシェルブールから自動車で帰途についた。1人で車を運転していた彼は、故郷のソーネンブレウヘルまで30分ほどの位置にあるベルギー・トゥルンハウトで、悪天候のため車を操縦できなくなり、柱に衝突してしまった。こうして、メノ・オースティングは34歳9か月の若さで突然の死を迎えた。
rdfs:label
  • メノ・オースティング
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of