Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『メノン』(メノーン、希: Mενων、英: Meno)はプラトンの初期末の対話篇である。副題は「徳について」。『メノン』は執筆時期的にも内容的にも『ソクラテスの弁明』や『ラケス』といったプラトンの初期対話篇と『饗宴』『国家』などの中期対話篇の結節点に当たる位置を占めており、初期対話篇的な特徴を有しつつも中期対話篇でより詳しく洗練された形で語られるアイディア――想起説、「真理(知識)」と「思いなし(思惑、臆見)」の区別、仮設法など――が荒削りではあるが述べられている。短いながらも簡潔明瞭にまとめられたその内容から、「プラトン哲学の最良の入門書」として評価も高い。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1610547 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 14049 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 74 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57610741 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『メノン』(メノーン、希: Mενων、英: Meno)はプラトンの初期末の対話篇である。副題は「徳について」。『メノン』は執筆時期的にも内容的にも『ソクラテスの弁明』や『ラケス』といったプラトンの初期対話篇と『饗宴』『国家』などの中期対話篇の結節点に当たる位置を占めており、初期対話篇的な特徴を有しつつも中期対話篇でより詳しく洗練された形で語られるアイディア――想起説、「真理(知識)」と「思いなし(思惑、臆見)」の区別、仮設法など――が荒削りではあるが述べられている。短いながらも簡潔明瞭にまとめられたその内容から、「プラトン哲学の最良の入門書」として評価も高い。
rdfs:label
  • メノン (対話篇)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of