Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Bf 109(Bf 109)は、第二次世界大戦におけるナチスドイツ空軍の主力戦闘機。世界で初めて一撃離脱戦法を前提に開発されたとされ、機体重量に比し小さく薄い主翼を持ち、モーターカノンや主脚のエンジンマウントなど、特徴のある設計となっている。1934年、バイエルン航空機製造(Die Bayerische Flugzeugwerke 、BFW)で開発が開始され、翌1935年、生産開始。設計主任は、かつてBf 108を設計したロベルト・ルッサー技師。後にバイエルン航空機製造はメッサーシュミットとなった。
dbpedia-owl:firstFlight
dbpedia-owl:manufacturer
dbpedia-owl:numberBuilt
  • 33000 (xsd:integer)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:type
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 48744 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 16046 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 232 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59130045 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:キャプション
  • メッサーシュミット Bf 109 G-6
prop-ja:初飛行年月日
  • --05-28
prop-ja:名称
  • メッサーシュミット Bf 109
prop-ja:生産数
  • 33000 (xsd:integer)
prop-ja:用途
prop-ja:画像
  • Image:Me109_G-6_D-FMBB_1.jpg
prop-ja:製造者
prop-ja:設計者
prop-ja:退役年月日
  • 1945 (xsd:integer)
prop-ja:運用状況
  • 退役
prop-ja:運用者More
  • **(ドイツ空軍) **、他
prop-ja:運用開始年月日
  • 1937 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Bf 109(Bf 109)は、第二次世界大戦におけるナチスドイツ空軍の主力戦闘機。世界で初めて一撃離脱戦法を前提に開発されたとされ、機体重量に比し小さく薄い主翼を持ち、モーターカノンや主脚のエンジンマウントなど、特徴のある設計となっている。1934年、バイエルン航空機製造(Die Bayerische Flugzeugwerke 、BFW)で開発が開始され、翌1935年、生産開始。設計主任は、かつてBf 108を設計したロベルト・ルッサー技師。後にバイエルン航空機製造はメッサーシュミットとなった。
rdfs:label
  • メッサーシュミット Bf109
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • メッサーシュミット Bf 109
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:aircraftInterceptor of
is prop-ja:strength of
is prop-ja:作戦機 of
is prop-ja:搭載機 of
is foaf:primaryTopic of