Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • メタンフェタミン(英語: methamphetamine, methylamphetamine)とは、アンフェタミンの窒素原子上にメチル基が置換した構造の有機化合物である。間接型アドレナリン受容体刺激薬としてアンフェタミンと同様の中枢興奮作用を持つ。同様の作用機序により中枢興奮作用を持つメチルフェニデートは注意欠如、多動症、ナルコレプシーの治療薬として用いられる。また、強い中枢興奮作用および精神依存、薬剤耐性により、反社会的行動や犯罪につながりやすいため、日本では『覚せい剤取締法』により、覚醒剤に指定されている。
dbpedia-owl:imageSize
  • 180 (xsd:integer)
dbpedia-owl:iupacName
  • (S)-N-メチル-1-フェニルプロパン-2-アミン
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 475661 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4779 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 96 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59185462 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagealt
  • メタンフェタミンの構造式
prop-ja:imagefile
  • Methamphetamine-2D-skeletal-.svg
prop-ja:imagesize
  • 180 (xsd:integer)
prop-ja:iupacname
  • -N-メチル-1-フェニルプロパン-2-アミン
prop-ja:name
  • メタンフェタミン
prop-ja:othernames
  • N-メチルアンフェタミン
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • メタンフェタミン(英語: methamphetamine, methylamphetamine)とは、アンフェタミンの窒素原子上にメチル基が置換した構造の有機化合物である。間接型アドレナリン受容体刺激薬としてアンフェタミンと同様の中枢興奮作用を持つ。同様の作用機序により中枢興奮作用を持つメチルフェニデートは注意欠如、多動症、ナルコレプシーの治療薬として用いられる。また、強い中枢興奮作用および精神依存、薬剤耐性により、反社会的行動や犯罪につながりやすいため、日本では『覚せい剤取締法』により、覚醒剤に指定されている。
rdfs:label
  • メタンフェタミン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • N-メチルアンフェタミン
  • メタンフェタミン
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of