Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • メガリ・イデア(ギリシャ語 Μεγάλη Ιδέα、偉大なる思想の意味)とはギリシャ国王オソン1世によって唱えられた、ギリシア民族主義(民族統一主義)思想。直訳すると「大いなる理想」の意味。ギリシャ化したヴラフ人でアリ・パシャの息子の侍医であったイオアニス・コレッティスが初めて用いた。大ギリシャ主義とも。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 175891 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6519 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 96 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59083619 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:align
  • right
prop-ja:bgcolor
  • #c6dbf7
prop-ja:quote
prop-ja:source
  • イオアニス・コレッティスが1844年に行なわれた憲法制定議会開会の際に行なった演説
prop-ja:width
  • 30 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • メガリ・イデア(ギリシャ語 Μεγάλη Ιδέα、偉大なる思想の意味)とはギリシャ国王オソン1世によって唱えられた、ギリシア民族主義(民族統一主義)思想。直訳すると「大いなる理想」の意味。ギリシャ化したヴラフ人でアリ・パシャの息子の侍医であったイオアニス・コレッティスが初めて用いた。大ギリシャ主義とも。
rdfs:label
  • メガリ・イデア
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of