Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • メガビット (megabit) はデータの量の単位の一つで、Mビット (Mbit)、あるいは Mb とも略記される("M" は大文字、"b" は小文字)。 1 メガビットは 100万ビットに等しい(ただし、後述するように場合によって異なる)。メガビットがよく使われるのは、データの転送速度や処理速度を表す場合で、たとえば「100 Mbit/s Fast イーサネット」のように使われる。ADSLなどの一般家庭向け高速インターネット接続の速度はメガビット単位で表現されることが多い。電気通信分野では、メガ (M) はほぼ例外なく10進接頭辞(SI接頭辞)で、 1 メガビットは 106 = 1,000,000 ビット であり、これは 125,000 バイト あるいは 125 キロバイト にあたる。一方、半導体やソフトウェアの分野ではメガを 2進接頭辞として扱うことも多く、この場合には 1 メガビットは 220 = 1,048,576 ビットである。RAM や ROM の容量を表す場合などに使われることがある。この 2進法に基づく単位を、SI接頭辞との混乱を避けるためにメビビット (mebibit) とする呼び方もあるが、あまり普及していない。これらの単位の違いについては 2進接頭辞とSI接頭辞の項を参照のこと。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 843702 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2253 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 42 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58533218 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • メガビット (megabit) はデータの量の単位の一つで、Mビット (Mbit)、あるいは Mb とも略記される("M" は大文字、"b" は小文字)。 1 メガビットは 100万ビットに等しい(ただし、後述するように場合によって異なる)。メガビットがよく使われるのは、データの転送速度や処理速度を表す場合で、たとえば「100 Mbit/s Fast イーサネット」のように使われる。ADSLなどの一般家庭向け高速インターネット接続の速度はメガビット単位で表現されることが多い。電気通信分野では、メガ (M) はほぼ例外なく10進接頭辞(SI接頭辞)で、 1 メガビットは 106 = 1,000,000 ビット であり、これは 125,000 バイト あるいは 125 キロバイト にあたる。一方、半導体やソフトウェアの分野ではメガを 2進接頭辞として扱うことも多く、この場合には 1 メガビットは 220 = 1,048,576 ビットである。RAM や ROM の容量を表す場合などに使われることがある。この 2進法に基づく単位を、SI接頭辞との混乱を避けるためにメビビット (mebibit) とする呼び方もあるが、あまり普及していない。これらの単位の違いについては 2進接頭辞とSI接頭辞の項を参照のこと。
rdfs:label
  • メガビット
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:computingMedia of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of