Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • メガバテス(希:Μεγαβάτης、ラテン文字転記:Megabates、生没年不明)はアケメネス朝ペルシアの将軍である。メガバテスはアルタプレネスとペルシア王ダレイオス1世の従兄弟であり、前者によって対イオニア反乱(紀元前498年-紀元前494年)の司令官となり、三段櫂船200隻と陸軍を率いた。ナクソスを攻めようとしたメガバテスは敵を騙そうとヘレスポントスへと行くふりをしてミレトスを経った。しかし、途中で同行したアリスタゴラスと怠けていた船長の処遇をめぐって対立したため、アリスタゴラスはナクソス人にメガバテスの計画を教えた。結局メガバテスはあらかじめ守りを固めたナクソスを落とすことができず、4ヵ月後に軍資金が尽きたために撤退した。その後メガバテスがどうなったかは不明である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2459161 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 580 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 17 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53853974 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • メガバテス(希:Μεγαβάτης、ラテン文字転記:Megabates、生没年不明)はアケメネス朝ペルシアの将軍である。メガバテスはアルタプレネスとペルシア王ダレイオス1世の従兄弟であり、前者によって対イオニア反乱(紀元前498年-紀元前494年)の司令官となり、三段櫂船200隻と陸軍を率いた。ナクソスを攻めようとしたメガバテスは敵を騙そうとヘレスポントスへと行くふりをしてミレトスを経った。しかし、途中で同行したアリスタゴラスと怠けていた船長の処遇をめぐって対立したため、アリスタゴラスはナクソス人にメガバテスの計画を教えた。結局メガバテスはあらかじめ守りを固めたナクソスを落とすことができず、4ヵ月後に軍資金が尽きたために撤退した。その後メガバテスがどうなったかは不明である。
rdfs:label
  • メガバテス (将軍)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:opponents of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of