Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ムハンマド・アリー・ハーン・ワッラー・ジャー(Muhammad Ali Khan Wlala Jah, 1717年あるいは1723年7月7日 - 1795年10月13日)は、南インドのカルナータカ太守(在位:1749年 - 1795年)。1749年8月、父であるカルナータカ太守アンワールッディーン・ハーンがアンブールで戦死し、父を殺害したチャンダー・サーヒブと対立するかたちで太守となった。1752年にチャンダー・サーヒブを倒したのち、1763年のパリ条約で彼の太守位は正式承認された。だが、イギリスは彼が太守位を得るための代償として、第二次カーナティック戦争および第三次カーナティック戦争における戦費の負担を強いた。その負債額はマイソール戦争などによりさらに悪化の一途をたどり、結果的にナワーブの領土はイギリスの保護国化した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2956960 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6780 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 125 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58391199 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:人名
  • ムハンマド・アリー・ハーン
prop-ja:全名
  • ムハンマド・アリー・アンワールッディーン・ハーン
prop-ja:出生日
  • --07-07
prop-ja:別号
prop-ja:各国語表記
  • Muhammad Ali Khan
prop-ja:君主号
  • カルナータカ太守
prop-ja:在位
  • 1749 (xsd:integer)
prop-ja:埋葬日
prop-ja:子女
prop-ja:宗教
prop-ja:死亡日
  • --10-13
prop-ja:没地
prop-ja:父親
prop-ja:王朝
prop-ja:生地
prop-ja:画像
  • Muhammed Ali Khan Wallajah.jpg
prop-ja:画像サイズ
  • 230 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • ムハンマド・アリー・ハーン
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ムハンマド・アリー・ハーン・ワッラー・ジャー(Muhammad Ali Khan Wlala Jah, 1717年あるいは1723年7月7日 - 1795年10月13日)は、南インドのカルナータカ太守(在位:1749年 - 1795年)。1749年8月、父であるカルナータカ太守アンワールッディーン・ハーンがアンブールで戦死し、父を殺害したチャンダー・サーヒブと対立するかたちで太守となった。1752年にチャンダー・サーヒブを倒したのち、1763年のパリ条約で彼の太守位は正式承認された。だが、イギリスは彼が太守位を得るための代償として、第二次カーナティック戦争および第三次カーナティック戦争における戦費の負担を強いた。その負債額はマイソール戦争などによりさらに悪化の一途をたどり、結果的にナワーブの領土はイギリスの保護国化した。
rdfs:label
  • ムハンマド・アリー・ハーン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:元首等氏名 of
is prop-ja:変遷 of
is prop-ja:子女 of
is prop-ja:父親 of
is foaf:primaryTopic of