Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ムハッカク体(ムハッカクたい、アラビア語: محقق‎、ラテン文字:Muhaqqaq)はアラビア語で文章を書く際に用いられる書体の一つであり、アラビア書道主要6書体のうちの1書体である。ムハッカクという語はアラビア語で「完成」もしくは「明快」を表す単語であり、元々は書体の完成した部分を示すために用いられていた。ムハッカク体は「マサーヒフ」(単数形はムシャフ、例:クルアーンの転写物)を転写するために用いられることが多く、この書体は有数の美しい書体であると同時に、習得することが難しい書体の一つであると考えられている。ムハッカク体はマムルーク朝時代(1250年–1516/1517年)に使用が最も盛んになった。オスマン帝国においては、次第にスルス体やナスフ体に取って代わられていった。18世紀以降には、ムハッカク体の使用はヒリヤにあるバスマラに大きく制限を受けた。初期のムハッカク体の使用例はイブン・ナディーム作の「目録の書」に見ることができ、ムハッカク体はアッバース朝創始以降特定の目的への使用を明示するために用いられた可能性もある。イブン・ムクラやイブン・バッワーブのような書体を作った人物はムハッカク体やその他の書体の発展に貢献しており、イスラーム書道における書体の決まりや標準仕様を定めている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2998393 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1834 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 18 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58163040 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ムハッカク体(ムハッカクたい、アラビア語: محقق‎、ラテン文字:Muhaqqaq)はアラビア語で文章を書く際に用いられる書体の一つであり、アラビア書道主要6書体のうちの1書体である。ムハッカクという語はアラビア語で「完成」もしくは「明快」を表す単語であり、元々は書体の完成した部分を示すために用いられていた。ムハッカク体は「マサーヒフ」(単数形はムシャフ、例:クルアーンの転写物)を転写するために用いられることが多く、この書体は有数の美しい書体であると同時に、習得することが難しい書体の一つであると考えられている。ムハッカク体はマムルーク朝時代(1250年–1516/1517年)に使用が最も盛んになった。オスマン帝国においては、次第にスルス体やナスフ体に取って代わられていった。18世紀以降には、ムハッカク体の使用はヒリヤにあるバスマラに大きく制限を受けた。初期のムハッカク体の使用例はイブン・ナディーム作の「目録の書」に見ることができ、ムハッカク体はアッバース朝創始以降特定の目的への使用を明示するために用いられた可能性もある。イブン・ムクラやイブン・バッワーブのような書体を作った人物はムハッカク体やその他の書体の発展に貢献しており、イスラーム書道における書体の決まりや標準仕様を定めている。
rdfs:label
  • ムハッカク体
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of