Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ムガム(アゼルバイジャン語: Muğam)はアゼルバイジャンの民族音楽の1種で、タスニフやアシュグと比較される。ムガムはマカームで書かれる、古典詩と特定地方旋法の即興を複雑に組み合わせた芸術、形式構造である。西洋の旋法と異なり、ムガム旋法は音階だけでなく、演奏者が即興で奏でる口頭伝達旋律とも組み合わせられる。ムガムは多くのパートから成り、どのムガムを演奏するかは特定の催事に合わせて決められる。劇的な演奏の展開は一般的に高まる緊張と上昇する音程と、演奏者と聞き手の間の詩的音楽意思疎通形式から成る。ムガム演奏の3つの主要教育機関は19世紀末期から20世紀初頭の間にカラバフ、シルヴァン、バクーに開かれた。カラバフのシュシャはこの芸術の街として知られた。アゼルバイジャンの楽器であるバラバンを用いたムガムの短い演奏は、ボイジャーのゴールデンレコードにも世界の音楽の代表として収録されている。2003年にはユネスコが、ムガムを「人類の口承および無形遺産の傑作」として登録した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3125658 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 15790 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 98 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54227578 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:bgcolor
  • goldenrod
prop-ja:color
  • black
prop-ja:culturalOrigins
  • 9 (xsd:integer)
prop-ja:fusiongenres
  • / ムガム・シンフォニック・ロック
prop-ja:instruments
  • コーカサスのタール、ケマンチェ、ダフ / 初期にはと
prop-ja:name
  • ムガム
prop-ja:popularity
prop-ja:stylisticOrigins
  • 中東伝統音楽
prop-ja:subgenres
  • / / / / / /
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ムガム(アゼルバイジャン語: Muğam)はアゼルバイジャンの民族音楽の1種で、タスニフやアシュグと比較される。ムガムはマカームで書かれる、古典詩と特定地方旋法の即興を複雑に組み合わせた芸術、形式構造である。西洋の旋法と異なり、ムガム旋法は音階だけでなく、演奏者が即興で奏でる口頭伝達旋律とも組み合わせられる。ムガムは多くのパートから成り、どのムガムを演奏するかは特定の催事に合わせて決められる。劇的な演奏の展開は一般的に高まる緊張と上昇する音程と、演奏者と聞き手の間の詩的音楽意思疎通形式から成る。ムガム演奏の3つの主要教育機関は19世紀末期から20世紀初頭の間にカラバフ、シルヴァン、バクーに開かれた。カラバフのシュシャはこの芸術の街として知られた。アゼルバイジャンの楽器であるバラバンを用いたムガムの短い演奏は、ボイジャーのゴールデンレコードにも世界の音楽の代表として収録されている。2003年にはユネスコが、ムガムを「人類の口承および無形遺産の傑作」として登録した。
rdfs:label
  • ムガム
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of