Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ムイーヌッディーン・ウヌル・アル=アターベキー(Mu'īn al-Din Unur al-Atābekī 生年不詳 - 1149年8月28日)はブーリー朝のトルコ系アミール、アタベクで、アイユーブ朝のサラーフッディーン及びザンギー朝のヌールッディーンの義理の父。第二回十字軍を撃退したことで知られる武将である。幼年のブーリー朝の君主に代わり、事実上ダマスカスを支配し、第二回十字軍の他、ザンギー朝のイマードゥッディーン・ザンギーの攻撃もよく退け、ダマスカスの独立を守った。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3115205 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5472 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 51 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54055254 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:人名
  • ムイーヌッディーン・ウヌル
prop-ja:全名
  • ムイーヌッディーン・ウヌル・アル=アターベキー
prop-ja:出生日
  • 不詳
prop-ja:各国語表記
  • معين الدين أنر
prop-ja:君主号
prop-ja:在位
  • 1137 (xsd:integer)
prop-ja:埋葬地
  • ダマスカスのアタベク宮殿のイフワーン
prop-ja:子女
  • イスマトゥッディーン・アーミナ、息子(1164年にヌールッディーンの軍中にいることが確認できる)
prop-ja:宗教
  • スンナ派イスラーム
prop-ja:死亡日
  • --08-28
prop-ja:没地
prop-ja:配偶者
  • 不詳
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ムイーヌッディーン・ウヌル・アル=アターベキー(Mu'īn al-Din Unur al-Atābekī 生年不詳 - 1149年8月28日)はブーリー朝のトルコ系アミール、アタベクで、アイユーブ朝のサラーフッディーン及びザンギー朝のヌールッディーンの義理の父。第二回十字軍を撃退したことで知られる武将である。幼年のブーリー朝の君主に代わり、事実上ダマスカスを支配し、第二回十字軍の他、ザンギー朝のイマードゥッディーン・ザンギーの攻撃もよく退け、ダマスカスの独立を守った。
rdfs:label
  • ムイーヌッディーン・ウヌル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of