Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ミーノース(古希: Μίνως, ラテン文字表記:Mīnōs)は、ギリシア神話に登場するクレータ島の王である。長母音を省略してミノスとも表記される。ミーノースはクノッソスの都を創設し、宮殿を築いてエーゲ海を支配したとされる。ミノア文明という名称はミーノースに由来している。ヘロドトスやトゥキディデスはミーノースを実在の人物と考え、プルタルコスはミーノースの子ミーノータウロス(ミノタウロス)を怪物ではなく将軍の一人だとする解釈を示している。近年、クレタ島のクノッソス宮殿遺跡から世界最古の玉座とともに古文書が見つかり、その碑文の中にミヌテ、ミヌロジャ(ロジャは王の意味)という名前があったことから、ミノス王の実在を示すものではないかと言われている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 147720 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2836 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 69 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58733538 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ミーノース(古希: Μίνως, ラテン文字表記:Mīnōs)は、ギリシア神話に登場するクレータ島の王である。長母音を省略してミノスとも表記される。ミーノースはクノッソスの都を創設し、宮殿を築いてエーゲ海を支配したとされる。ミノア文明という名称はミーノースに由来している。ヘロドトスやトゥキディデスはミーノースを実在の人物と考え、プルタルコスはミーノースの子ミーノータウロス(ミノタウロス)を怪物ではなく将軍の一人だとする解釈を示している。近年、クレタ島のクノッソス宮殿遺跡から世界最古の玉座とともに古文書が見つかり、その碑文の中にミヌテ、ミヌロジャ(ロジャは王の意味)という名前があったことから、ミノス王の実在を示すものではないかと言われている。
rdfs:label
  • ミーノース
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of