Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ミレトス学派(みれとすがくは、Milesian school)は、紀元前6世紀に生まれた哲学の学派。その思想は、エーゲ海に面したアナトリア半島にあるイオニア人の都市国家ミレトス出身の3人の哲学者——タレス、アナクシマンドロス、アナクシメネスに代表される。彼らは、「世界が何でできているか」について、それまで支配的だった観点に、まったく正反対の新しい意見を導入した。自然現象について、それまでは擬人化された神の意志のみによるものだと説明されていたが、ミレトス学派は、方法論的に観察可能な存在に基づく自然観を展開した。つまり、ミレトス学派は最初の自然哲学の1つであった。注:ミレトス学派とイオニア学派を区別することは重要である。なぜなら、イオニア学派の中には、ミレトス学派ならびにそれとは明らかに一線を画するイオニア人思索家(たとえばヘラクレイトス)の両方が含まれているからである。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1299967 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1540 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58654852 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ミレトス学派(みれとすがくは、Milesian school)は、紀元前6世紀に生まれた哲学の学派。その思想は、エーゲ海に面したアナトリア半島にあるイオニア人の都市国家ミレトス出身の3人の哲学者——タレス、アナクシマンドロス、アナクシメネスに代表される。彼らは、「世界が何でできているか」について、それまで支配的だった観点に、まったく正反対の新しい意見を導入した。自然現象について、それまでは擬人化された神の意志のみによるものだと説明されていたが、ミレトス学派は、方法論的に観察可能な存在に基づく自然観を展開した。つまり、ミレトス学派は最初の自然哲学の1つであった。注:ミレトス学派とイオニア学派を区別することは重要である。なぜなら、イオニア学派の中には、ミレトス学派ならびにそれとは明らかに一線を画するイオニア人思索家(たとえばヘラクレイトス)の両方が含まれているからである。
rdfs:label
  • ミレトス学派
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:influenced of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:影響を与えた人物 of
is foaf:primaryTopic of