Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ミレトス(Μίλητος Milētos ミレ-トス ラテン語Miletus)は、エーゲ海をはさんだギリシア本土の対岸、アナトリア半島(小アジア)西海岸メンデレス川河口付近にあった町(ギリシア人の植民市)である。青銅器時代から人が住んでいた。タレスなどミレトス学派をうんだことで有名である。紀元前5世紀初頭、イオニアの反乱が起こりペルシアに鎮圧されたが、紀元前334年に、アレクサンドロス3世(大王)によって解放された。最終的にオスマン帝国が支配して港として利用したが、 港が沈泥でふさがれた時、ミレトスは捨てられた。 現在、都市の跡は海から約10キロメートル奥にある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 610967 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 976 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 33 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59257801 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ミレトス(Μίλητος Milētos ミレ-トス ラテン語Miletus)は、エーゲ海をはさんだギリシア本土の対岸、アナトリア半島(小アジア)西海岸メンデレス川河口付近にあった町(ギリシア人の植民市)である。青銅器時代から人が住んでいた。タレスなどミレトス学派をうんだことで有名である。紀元前5世紀初頭、イオニアの反乱が起こりペルシアに鎮圧されたが、紀元前334年に、アレクサンドロス3世(大王)によって解放された。最終的にオスマン帝国が支配して港として利用したが、 港が沈泥でふさがれた時、ミレトスは捨てられた。 現在、都市の跡は海から約10キロメートル奥にある。
rdfs:label
  • ミレトス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of