Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ミリセチン (myricetin) は、多くのブドウ、ベリー、果物、野菜、ハーブ、その他の植物に含まれているフラボノイドである天然フラボノールの一種である。食品の中ではクルミの豊富に含まれている。配糖体の形でも微量に含まれている。ミリセチンは赤ワイン中のフェノール性化合物の一つである。ミリセチンは抗酸化活性を有する。In vitroの研究では、高濃度のミリセチンが白血球によるLDLコレステトールの取り込みを増加させることが示唆されている。フィンランドの研究では、高ミリセチン摂取と前立腺癌の発生率の低下に相関があることが示されている。8年間のコホート研究では、3種のフラボノール(ケンペロール、クェルセチン、ミリセチン)が膵臓癌のリスクを23%低減するということが示されている。
dbpedia-owl:imageSize
  • 200 (xsd:integer)
dbpedia-owl:iupacName
  • 3,5,7-Trihydroxy-2-(3,4,5-trihydroxyphenyl)- 4-chromenone
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2524283 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2975 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46849162 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefile
  • Myricetin.png
prop-ja:imagesize
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:iupacname
  • 357 (xsd:integer)
prop-ja:othernames
  • Cannabiscetin
  • Myricetol
  • Myricitin
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ミリセチン (myricetin) は、多くのブドウ、ベリー、果物、野菜、ハーブ、その他の植物に含まれているフラボノイドである天然フラボノールの一種である。食品の中ではクルミの豊富に含まれている。配糖体の形でも微量に含まれている。ミリセチンは赤ワイン中のフェノール性化合物の一つである。ミリセチンは抗酸化活性を有する。In vitroの研究では、高濃度のミリセチンが白血球によるLDLコレステトールの取り込みを増加させることが示唆されている。フィンランドの研究では、高ミリセチン摂取と前立腺癌の発生率の低下に相関があることが示されている。8年間のコホート研究では、3種のフラボノール(ケンペロール、クェルセチン、ミリセチン)が膵臓癌のリスクを23%低減するということが示されている。
rdfs:label
  • ミリセチン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Cannabiscetin
  • Myricetol
  • Myricitin
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of