Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ミューオニウム (muonium) とは、通常、正の電荷を持ったミュオン (μ+) と電子 (e−) の束縛状態(水素原子中の陽子を正ミュオンで置き換えたものに相当)を指し、ミュオニウムとも呼ばれる。これに対し、負ミュオン (μ−) が他の原子核に束縛された状態をミュオニック原子と呼んで区別する。なお、ミュオニウムの構成粒子の電荷を入れ替えたもの(負ミュオンと陽電子の束縛状態)は反ミュオニウムと呼ばれる。類似の状態として電子と陽電子の束縛状態であるポジトロニウム (e+-e−) があり、ミュオニウムの名称はこれからつけられたが、××ニウムという呼称は同種の粒子と反粒子からなる束縛状態につけられるべきもので、ミュオニウムも本来なら正負ミュオンの束縛状態 (μ+-μ−) を表す呼称のはずであったが、歴史的にミュオンと電子の束縛状態をこのように呼び習わして今日に至っている(水素原子の別称がプロチウムであるように、本来ならミュイウムとすべきものである)。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 632670 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1296 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 14 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47100119 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ミューオニウム (muonium) とは、通常、正の電荷を持ったミュオン (μ+) と電子 (e−) の束縛状態(水素原子中の陽子を正ミュオンで置き換えたものに相当)を指し、ミュオニウムとも呼ばれる。これに対し、負ミュオン (μ−) が他の原子核に束縛された状態をミュオニック原子と呼んで区別する。なお、ミュオニウムの構成粒子の電荷を入れ替えたもの(負ミュオンと陽電子の束縛状態)は反ミュオニウムと呼ばれる。類似の状態として電子と陽電子の束縛状態であるポジトロニウム (e+-e−) があり、ミュオニウムの名称はこれからつけられたが、××ニウムという呼称は同種の粒子と反粒子からなる束縛状態につけられるべきもので、ミュオニウムも本来なら正負ミュオンの束縛状態 (μ+-μ−) を表す呼称のはずであったが、歴史的にミュオンと電子の束縛状態をこのように呼び習わして今日に至っている(水素原子の別称がプロチウムであるように、本来ならミュイウムとすべきものである)。
rdfs:label
  • ミューオニウム
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of