Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ミュオンスピン回転(ミュオンスピンかいてん、略称:μSR; ミューエスアール)とはミュオンスピン回転/緩和/共鳴法の総称であり、スピン偏極したミュオン(ミューオン、ミュー粒子とも呼ばれる)を物質に注入し、ミュオンスピンの感じる内部磁場の大きさや揺らぎを実時間で捕らえることにより物質の様々な性質を明らかにする手法であり、核磁気共鳴 (NMR) などと類似の有力な物性研究の手段である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 631431 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2308 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47099682 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ミュオンスピン回転(ミュオンスピンかいてん、略称:μSR; ミューエスアール)とはミュオンスピン回転/緩和/共鳴法の総称であり、スピン偏極したミュオン(ミューオン、ミュー粒子とも呼ばれる)を物質に注入し、ミュオンスピンの感じる内部磁場の大きさや揺らぎを実時間で捕らえることにより物質の様々な性質を明らかにする手法であり、核磁気共鳴 (NMR) などと類似の有力な物性研究の手段である。
rdfs:label
  • ミュオンスピン回転
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of