Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 株式会社ミヤコシは、印刷機械、印刷関係機器の製造から販売までをしているメーカー。ビジネスフォーム印刷機が旗艦製品であったが、それ以外にもロールコレーターや圧着ハガキ加工機、書籍印刷機、パッケージ印刷機等幅広い製品ラインナップを誇る。1990年代はヨーロッパを初めとする連続伝票印刷機への投資ブームに乗り海外での好調な業績により急成長している。その後ビジネスフォーム市場が縮小、さらにミューラー・マルティニなどのヨーロッパ製設備が高品質かつ廉価に提供されたことからヨーロッパ市場が縮小、市場開放政策で投資熱が高まった中国市場への転換を図り、北京豹馳を中国地区総代理にする営業戦略により販売を順調に伸ばした。その後は中国でも連続帳票に代表されるビジネスフォームの市場縮小、また中国に進出した太陽機械を初めとする中国製設備の品質向上に、秋田県及び福井県(こちらは補助的な生産拠点)での国内生産に固執した結果、コスト的に対抗できなくなったため、主力製品をオンデマンド印刷に対応したインクジェットに移行させるべく事業転換を図り、コスト削減などによる原価率改善運動を展開している。また2005年にはLF(Look Future)事業部の新設し、新事業の展開を図ったが、2009年4月の組織改編では当該事業部は消滅している。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 539546 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1901 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 50 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46133487 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 株式会社ミヤコシは、印刷機械、印刷関係機器の製造から販売までをしているメーカー。ビジネスフォーム印刷機が旗艦製品であったが、それ以外にもロールコレーターや圧着ハガキ加工機、書籍印刷機、パッケージ印刷機等幅広い製品ラインナップを誇る。1990年代はヨーロッパを初めとする連続伝票印刷機への投資ブームに乗り海外での好調な業績により急成長している。その後ビジネスフォーム市場が縮小、さらにミューラー・マルティニなどのヨーロッパ製設備が高品質かつ廉価に提供されたことからヨーロッパ市場が縮小、市場開放政策で投資熱が高まった中国市場への転換を図り、北京豹馳を中国地区総代理にする営業戦略により販売を順調に伸ばした。その後は中国でも連続帳票に代表されるビジネスフォームの市場縮小、また中国に進出した太陽機械を初めとする中国製設備の品質向上に、秋田県及び福井県(こちらは補助的な生産拠点)での国内生産に固執した結果、コスト的に対抗できなくなったため、主力製品をオンデマンド印刷に対応したインクジェットに移行させるべく事業転換を図り、コスト削減などによる原価率改善運動を展開している。また2005年にはLF(Look Future)事業部の新設し、新事業の展開を図ったが、2009年4月の組織改編では当該事業部は消滅している。
rdfs:label
  • ミヤコシ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of