Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ミミズ堆肥(ミミズたいひ、Vermicompost あるいは Worm compost等)は、数種のミミズを用いて有機物を分解することで得られる。ミミズ堆肥は、栄養が豊かな天然肥料、あるいは土質の調節剤となる。ミミズ堆肥の生産の過程は、ミミズ堆肥化と呼ばれている。小規模のものは、食品残さや調理くずのような台所の生ゴミを質の高い土に変えるのに適している。最もよく使われているミミズの種類は、ツリミミズ科のシマミミズ(Eisenia fetida)であり、特に腐った植物や堆肥等に適応し、普通の土壌ではほとんど見つからない。堆肥化に使えるミミズは、ミミズ養殖業者からの通信販売や、釣り道具店から釣りえさとして入手できる。健全なミミズ堆肥の装置は、ミミズの他に昆虫、カビ、バクテリアのような生物が含まれている。堆肥化への過程ではこれらの生物も一定の役割を果たしているとは言え、ミミズが堆肥化への主要な役割を演じている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 815775 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4702 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 51 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56422895 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ミミズ堆肥(ミミズたいひ、Vermicompost あるいは Worm compost等)は、数種のミミズを用いて有機物を分解することで得られる。ミミズ堆肥は、栄養が豊かな天然肥料、あるいは土質の調節剤となる。ミミズ堆肥の生産の過程は、ミミズ堆肥化と呼ばれている。小規模のものは、食品残さや調理くずのような台所の生ゴミを質の高い土に変えるのに適している。最もよく使われているミミズの種類は、ツリミミズ科のシマミミズ(Eisenia fetida)であり、特に腐った植物や堆肥等に適応し、普通の土壌ではほとんど見つからない。堆肥化に使えるミミズは、ミミズ養殖業者からの通信販売や、釣り道具店から釣りえさとして入手できる。健全なミミズ堆肥の装置は、ミミズの他に昆虫、カビ、バクテリアのような生物が含まれている。堆肥化への過程ではこれらの生物も一定の役割を果たしているとは言え、ミミズが堆肥化への主要な役割を演じている。
rdfs:label
  • ミミズ堆肥
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of