Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ミヒャエル・メストリン(Michael Maestlin または Mästlin。 Moestlin,Möstlin とも綴る。1550年9月30日 - 1631年10月20日)はドイツの天文学者。ヨハネス・ケプラーの師で地動説を教えたことで知られる。ゲッピンゲン(w:Göppingen)で生まれた。テュービンゲン大学で神学、数学、天文学をフィリップ・アピアンなどに学んだ。1576年に助祭となった。1577年の大彗星の観測結果を出版した。1580年にハイデルベルク大学の数学教授となり、天文学の教本を出版した。1583年からテュービンゲン大学の教授となった。ガリレオ・ガリレイと同時期に、地球照が地球の反射が月を照らす現象であると説明し、彗星の観測結果から彗星が月より上の現象であると結論し、アリストテレスの宇宙論を批判した。コペルニクスの宇宙論をケプラーに教えた師である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 575087 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 802 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 25 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46843249 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ミヒャエル・メストリン(Michael Maestlin または Mästlin。 Moestlin,Möstlin とも綴る。1550年9月30日 - 1631年10月20日)はドイツの天文学者。ヨハネス・ケプラーの師で地動説を教えたことで知られる。ゲッピンゲン(w:Göppingen)で生まれた。テュービンゲン大学で神学、数学、天文学をフィリップ・アピアンなどに学んだ。1576年に助祭となった。1577年の大彗星の観測結果を出版した。1580年にハイデルベルク大学の数学教授となり、天文学の教本を出版した。1583年からテュービンゲン大学の教授となった。ガリレオ・ガリレイと同時期に、地球照が地球の反射が月を照らす現象であると説明し、彗星の観測結果から彗星が月より上の現象であると結論し、アリストテレスの宇宙論を批判した。コペルニクスの宇宙論をケプラーに教えた師である。
rdfs:label
  • ミヒャエル・メストリン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of