Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ミハイル・ミハイロビッチ・バフチン(Михаил Михайлович Бахти́н , Mikhail Mikhailovich Bakhtin,1895年11月17日 - 1975年3月7日)は、ロシアの哲学者、思想家、文芸批評家、記号論者。対話理論・ポリフォニー論の創始者。記号論のタルトゥー学派の祖。オリョールに生まれ、ノヴォロシースク大学から転学、ペテルブルク(ペトログラード)大学を1918年に卒業。バフチンの著作は多岐にわたるが、文芸批評、歴史、哲学、社会学、人類学、心理学といったバフチン自身の専門分野はもとより、マルクス主義、記号学、構造主義といった必ずしも専門分野とは関係ない学者に対しても大きな影響を与えた。1920年代にソ連で勃発した文学・美学論争にバフチンも積極的に関わったが、彼の仕事が広く知られ評価されるようになるのは1960年代にロシアの学者によって再発見されるまで待つ必要があった。
dbpedia-owl:birthDate
  • 1895-11-17 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:birthYear
  • 1895-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathDate
  • 1975-03-07 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:deathYear
  • 1975-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:influenced
dbpedia-owl:influencedBy
dbpedia-owl:mainInterest
dbpedia-owl:philosophicalSchool
dbpedia-owl:region
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 439038 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5664 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 94 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56168076 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:birthDate
  • 1895-11-17 (xsd:date)
prop-ja:birthPlace
  • ・オリョール
prop-ja:deathDate
  • 1975-03-07 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • ・モスクワ
prop-ja:era
  • 20 (xsd:integer)
prop-ja:imageCaption
  • 1920 (xsd:integer)
prop-ja:imageName
  • Mikhail bakhtin.jpg
prop-ja:imageSize
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:influenced
prop-ja:influences
prop-ja:mainInterests
prop-ja:name
  • ミハイル・ミハイロビッチ・バフチン
  • Михаил Михайлович Бахти́н
prop-ja:notableIdeas
  • Heteroglossia、dialogism、chronotope
  • carnivalesque
  • 対話主義、ポリフォニー
prop-ja:region
prop-ja:schoolTradition
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ミハイル・ミハイロビッチ・バフチン(Михаил Михайлович Бахти́н , Mikhail Mikhailovich Bakhtin,1895年11月17日 - 1975年3月7日)は、ロシアの哲学者、思想家、文芸批評家、記号論者。対話理論・ポリフォニー論の創始者。記号論のタルトゥー学派の祖。オリョールに生まれ、ノヴォロシースク大学から転学、ペテルブルク(ペトログラード)大学を1918年に卒業。バフチンの著作は多岐にわたるが、文芸批評、歴史、哲学、社会学、人類学、心理学といったバフチン自身の専門分野はもとより、マルクス主義、記号学、構造主義といった必ずしも専門分野とは関係ない学者に対しても大きな影響を与えた。1920年代にソ連で勃発した文学・美学論争にバフチンも積極的に関わったが、彼の仕事が広く知られ評価されるようになるのは1960年代にロシアの学者によって再発見されるまで待つ必要があった。
rdfs:label
  • ミハイル・バフチン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ミハイル・ミハイロビッチ・バフチン
  • Михаил Михайлович Бахти́н
is dbpedia-owl:influencedBy of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:influences of
is foaf:primaryTopic of