Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ミハイル・ニコラエヴィチ(русский: Михаил Николаевич, ラテン文字転写: Michael Nikolaevich, 1832年10月13日 - 1909年12月18日)は、ロシアの皇族、ロシア大公。ロシア皇帝ニコライ1世と皇后アレクサンドラ・フョードロヴナとの間の四男。カフカース副王(在任1862年 - 1881年)を長く務め、トビリシに住んだ。その後、1881年から1905年まで国家評議会議長の地位にあった。1857年、バーデン大公レオポルト1世の末娘ツェツィーリエと結婚した。正教に改宗してオリガ・フョードロヴナと名乗った妻との間に7人の子女をもうけた。ニコライ(1859年 - 1919年)アナスタシア(1860年 - 1922年) - メクレンブルク=シュヴェリーン大公フリードリヒ・フランツ3世と結婚ミハイル(1861年 - 1929年)ゲオルギー(1863年 - 1919年)アレクサンドル(1866年 - 1933年)セルゲイ(1869年 - 1918年)アレクセイ(1875年 - 1895年)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1640251 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1092 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55301976 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ミハイル・ニコラエヴィチ(русский: Михаил Николаевич, ラテン文字転写: Michael Nikolaevich, 1832年10月13日 - 1909年12月18日)は、ロシアの皇族、ロシア大公。ロシア皇帝ニコライ1世と皇后アレクサンドラ・フョードロヴナとの間の四男。カフカース副王(在任1862年 - 1881年)を長く務め、トビリシに住んだ。その後、1881年から1905年まで国家評議会議長の地位にあった。1857年、バーデン大公レオポルト1世の末娘ツェツィーリエと結婚した。正教に改宗してオリガ・フョードロヴナと名乗った妻との間に7人の子女をもうけた。ニコライ(1859年 - 1919年)アナスタシア(1860年 - 1922年) - メクレンブルク=シュヴェリーン大公フリードリヒ・フランツ3世と結婚ミハイル(1861年 - 1929年)ゲオルギー(1863年 - 1919年)アレクサンドル(1866年 - 1933年)セルゲイ(1869年 - 1918年)アレクセイ(1875年 - 1895年)
rdfs:label
  • ミハイル・ニコラエヴィチ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:child of
is dbpedia-owl:parent of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:子女 of
is prop-ja:父親 of
is foaf:primaryTopic of