Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ミハイル・ニコラエヴィチ・トゥハチェフスキー(ロシア語:Михаил Николаевич Тухачевский, 1893年2月16日 - 1937年6月11日)はソビエト連邦の軍人。ソ連邦元帥。赤軍の機械化を推進。数々の画期的戦術理論を編みだし、赤軍の至宝、あるいは赤いナポレオンと呼ばれた。とりわけ彼の「縦深戦術理論」はその後の軍事理論に大きな影響を与えた。スターリンの赤軍大粛清の犠牲者の1人。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 293449 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6721 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 129 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58816450 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:allegiance
prop-ja:awards
  • 赤旗勲章
  • 死刑(名誉回復)
prop-ja:battles
prop-ja:commands
  • 西部方面軍司令官
  • 共産党中央委員候補
  • 第一革命軍司令官
  • 第五軍司令官
  • 赤軍参謀長
  • 陸海軍人民委員代理・兵器局長
prop-ja:imageSize
  • 170 (xsd:integer)
prop-ja:lived
  • --02-16
prop-ja:name
  • ミハイル・ニコラエヴィチ・トゥハチェフスキー
  • Михаил Николаевич
  • Тухачевский
prop-ja:nickname
  • 赤いナポレオン
  • 赤軍の至宝
prop-ja:placeofbirth
  • アレクサンドロフスコエ
prop-ja:placeofdeath
  • モスクワ、ルビヤンカ刑務所
prop-ja:rank
prop-ja:serviceyears
  • 1914 (xsd:integer)
prop-ja:unit
  • 近衛セミョーノフ連隊(ロシア帝国)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ミハイル・ニコラエヴィチ・トゥハチェフスキー(ロシア語:Михаил Николаевич Тухачевский, 1893年2月16日 - 1937年6月11日)はソビエト連邦の軍人。ソ連邦元帥。赤軍の機械化を推進。数々の画期的戦術理論を編みだし、赤軍の至宝、あるいは赤いナポレオンと呼ばれた。とりわけ彼の「縦深戦術理論」はその後の軍事理論に大きな影響を与えた。スターリンの赤軍大粛清の犠牲者の1人。
rdfs:label
  • ミハイル・トゥハチェフスキー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:opponents of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:commander of
is foaf:primaryTopic of