Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ミハイル・エマヌイロヴィチ・ゴリトシュテイン(Mikhail Emanuilovich Goldstein ; ロシア語: Михаил Эммануилович Гольдштейн)またはミハイロ・エマヌイロヴィチ・ゴリトシュテイン(Mikhailo Emanuilovich Goldstein ; ウクライナ語: Михайло Еммануїлович Ґольдштейн), 1917年11月8日 オデッサ – 1989年9月7日 ハンブルク)はソビエト連邦出身のドイツのヴァイオリニスト・作曲家・音楽教師。ユダヤ系ウクライナ人であり、ミハイロ・ミハイロフスキー(Mikhailo Mykhailovsky)という筆名も持っていた。「クリコフスキーの《交響曲 第21番》」や「バラキレフの《即興曲(Expromt)》」「グラズノフの《アルバムの一葉》」といった偽作を創り出した。弟ブーシャはドイツに亡命した著名なヴァイオリン奏者である。4歳からヴァイオリン教育を受け、早くも5歳で神童としてデビューした。子供時代は、ピョートル・ストリャルスキー(ナタン・ミルシテインとダヴィド・オイストラフとの門人)に師事した。ヴァイオリニストとしてしばしば演奏会を開き、さらにバッハの《無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ》など、いくつかの録音も遺している。手の故障によりヴァイオリニストとしての道が断たれ、創作活動や教育活動に集中するようになる。1963年に全国作曲家同盟コンクールにおいてヴァイオリンとチェロのための作品などで3つの賞を得る。どうやら数点を偽名で提出していたらしい("Советская Культура" 1/12/1963)。この出来事の後で政治的な立場がいっそう危うくなり、1964年にソ連を去って東ベルリン経由でウィーンやエルサレム、ロンドンを遍歴した。1969年に西ドイツに落ち着き、ハンブルク高等音楽学校のヴァイオリン科教授として活動し、数多くの演奏家を輩出した。1984年に教育活動や社会貢献に対して、西ドイツ政府より連邦功労十字章を授与された。ゴリトシュテインに関するすべての記事は、ウクライナの事典から除外されてきた。こうした事態はソ連の出版物だけでなく、現在の出版物でも、また移住者や離散者に関する出版物でも同様である。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1594171 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2116 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 49 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55146050 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ミハイル・エマヌイロヴィチ・ゴリトシュテイン(Mikhail Emanuilovich Goldstein ; ロシア語: Михаил Эммануилович Гольдштейн)またはミハイロ・エマヌイロヴィチ・ゴリトシュテイン(Mikhailo Emanuilovich Goldstein ; ウクライナ語: Михайло Еммануїлович Ґольдштейн), 1917年11月8日 オデッサ – 1989年9月7日 ハンブルク)はソビエト連邦出身のドイツのヴァイオリニスト・作曲家・音楽教師。ユダヤ系ウクライナ人であり、ミハイロ・ミハイロフスキー(Mikhailo Mykhailovsky)という筆名も持っていた。「クリコフスキーの《交響曲 第21番》」や「バラキレフの《即興曲(Expromt)》」「グラズノフの《アルバムの一葉》」といった偽作を創り出した。弟ブーシャはドイツに亡命した著名なヴァイオリン奏者である。4歳からヴァイオリン教育を受け、早くも5歳で神童としてデビューした。子供時代は、ピョートル・ストリャルスキー(ナタン・ミルシテインとダヴィド・オイストラフとの門人)に師事した。ヴァイオリニストとしてしばしば演奏会を開き、さらにバッハの《無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ》など、いくつかの録音も遺している。手の故障によりヴァイオリニストとしての道が断たれ、創作活動や教育活動に集中するようになる。1963年に全国作曲家同盟コンクールにおいてヴァイオリンとチェロのための作品などで3つの賞を得る。どうやら数点を偽名で提出していたらしい("Советская Культура" 1/12/1963)。この出来事の後で政治的な立場がいっそう危うくなり、1964年にソ連を去って東ベルリン経由でウィーンやエルサレム、ロンドンを遍歴した。1969年に西ドイツに落ち着き、ハンブルク高等音楽学校のヴァイオリン科教授として活動し、数多くの演奏家を輩出した。1984年に教育活動や社会貢献に対して、西ドイツ政府より連邦功労十字章を授与された。ゴリトシュテインに関するすべての記事は、ウクライナの事典から除外されてきた。こうした事態はソ連の出版物だけでなく、現在の出版物でも、また移住者や離散者に関する出版物でも同様である。
rdfs:label
  • ミハイル・ゴルトシュタイン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of