Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ミニエー銃(ミニエーじゅう、Minié rifle)とは、前装式ライフル歩兵銃の一種である。1849年にフランス陸軍のクロード・エティエンヌ・ミニエー(Claude-Etienne Minié)大尉によって開発された。本来滑腔砲であるマスケット銃にライフリングを刻みこんだもので、“Rifled Musket”とも呼ばれる。従来使用されていたゲベール銃(マスケット銃の一種)の銃身に改修を施す方法で製造された。ミニエー弾と呼ばれる独特の弾薬を使用した。弾丸が充分な回転を持ち弾丸周囲からのガス漏れが防止されたため、飛距離と命中精度が飛躍的に向上した。また装弾が容易となり連射能力も向上した。
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1345257 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2652 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 52 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58025736 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
prop-ja:title
  • フランス陸軍の小銃
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1851 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ミニエー銃(ミニエーじゅう、Minié rifle)とは、前装式ライフル歩兵銃の一種である。1849年にフランス陸軍のクロード・エティエンヌ・ミニエー(Claude-Etienne Minié)大尉によって開発された。本来滑腔砲であるマスケット銃にライフリングを刻みこんだもので、“Rifled Musket”とも呼ばれる。従来使用されていたゲベール銃(マスケット銃の一種)の銃身に改修を施す方法で製造された。ミニエー弾と呼ばれる独特の弾薬を使用した。弾丸が充分な回転を持ち弾丸周囲からのガス漏れが防止されたため、飛距離と命中精度が飛躍的に向上した。また装弾が容易となり連射能力も向上した。
rdfs:label
  • ミニエー銃
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:before of
is foaf:primaryTopic of