Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ミトコンドリアのシャトル系(Mitochondrial shuttle)は、ミトコンドリア内膜をまたいで還元当量を輸送するためのシステムである。細胞質における主要な還元当量であるNADHは内膜を通過できないが、内膜を通過できる他の分子を還元することはできるため、その電子が電子伝達系に入ることができる。ヒトが持つ2つの主なシステムは、次の通りである。ヒトでは、グリセロールリン酸シャトルは褐色脂肪組織で最初に発見された。褐色脂肪組織では、逆経路の効率が低く、そのため褐色脂肪組織の役割である熱を産み出す。赤ちゃんで最初に発見されたが、成人でも腎臓の周りや首の後ろに少量存在する。リンゴ酸-アスパラギン酸シャトルは、体のその他の部分に多く見られる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2915139 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1041 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58406243 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ミトコンドリアのシャトル系(Mitochondrial shuttle)は、ミトコンドリア内膜をまたいで還元当量を輸送するためのシステムである。細胞質における主要な還元当量であるNADHは内膜を通過できないが、内膜を通過できる他の分子を還元することはできるため、その電子が電子伝達系に入ることができる。ヒトが持つ2つの主なシステムは、次の通りである。ヒトでは、グリセロールリン酸シャトルは褐色脂肪組織で最初に発見された。褐色脂肪組織では、逆経路の効率が低く、そのため褐色脂肪組織の役割である熱を産み出す。赤ちゃんで最初に発見されたが、成人でも腎臓の周りや首の後ろに少量存在する。リンゴ酸-アスパラギン酸シャトルは、体のその他の部分に多く見られる。
rdfs:label
  • ミトコンドリアのシャトル系
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of